09 | 2017/10 | 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RG 【フリーダムガンダム】 



P1280396.jpg

本日の玩具レビューはリアルグレードの【フリーダム】です。
去年完成したものの写真撮る暇もなければブログ更新も停滞気味だったので、
ようやく遊べました(^^;)
ストライクフリーダムよりフリーダム派な自分にとっては嬉しい限りのRG化!(´∀`)

なお、お顔のプチ整形と部分塗装&墨入れを行ったので、
パチ組みのフリーダムとは若干異なります。予めご了承ください。


P1280392.jpg
<付属品一覧>

・フリーダム本体
・ビームライフル
・シールド
・ビームサーベル(ビーム刃・柄×各2)
・交換用手首(左右握り手、右ライフル持ち手、左平手)
・スタンド対応パーツ
・キラ・ヤマト


P1280327.jpg

P1280329.jpg
<フリーダム本体>

これまで発売されたRGシリーズと同様のみっちりとしたディテールが特徴的。
これで1/144スケールなんだからすごいですよねぇ。
プロポーションのバランスも良好だと思います。
ただこれまでのフリーダムの立体物の例に漏れず、翼を後ろに向けちゃうと
自立困難なので飾る際はディスプレイスタンド必須です。


P1280339.jpg P1280331.jpg P1280338.jpg

P1280131.jpg P1280136.jpg
<頭部>

胴体側・頭部側でそれぞれで可動。

前述のとおり東部は若干手を入れていまして、ホビージャパンの
RGフリーダムの作例を参考に頬のラインの変更とアンテナ基部の
赤いパーツの幅増しを行い、頭頂部のメインカメラをクリアブルーで
塗装してあります。


P1280343.jpg P1280346.jpg P1280347.jpg
<腕部>

肩口で前後へのスイングが可能。特に前方向への引き出しはすごいです。
腕は水平以上まで上がります。
肩アーマーは独立で可動しますが可動域はたいしたものではありません。
上腕で横ロール、肘は2重関節で装甲のスライドギミックあり。
手首側もかなり動くので表情付けに困りません。


P1280351.jpg P1280348.jpg P1280352.jpg

P1280354.jpg P1280355.jpg

P1280357.jpg P1280356.jpg
<胴体>

上半身は反りや屈みだけでなく左右へも動かせるので可動域はすこぶる良好。
S字立ちもビシッと決まってくれます。コックピットハッチは開閉可能。

左右フロント・サイド・リアアーマーはそれぞれ独立可動。
リアアーマーが前後左右に動かせるので反ったポーズをさせた時も
干渉することはありません。
股関節には上下への可動が設けられており、可動域の拡大に一役
買ってくれるようです。ただ、組み上げてからそのギミックを使おうとすると
パーツが細かいため中々難儀してしまうかも。
ピンセットかつまようじを使用するといいかもしれません。

サイドアーマー上部のサーベル柄は着脱可能です。


P1280353.jpg P1280358.jpg

P1280360.jpg P1280363.jpg
<脚部>

股関節で横ロール。左右へもすごく動くんですが、腰部レールガンと干渉してしまうため、
左右へ開く際は腰部サイドアーマーを逃がしてやる必要があります。
膝は二重関節で装甲はスライド可動。つま先も可動します。
ふくらはぎのスラスターもきちんと可動。


P1280337.jpg P1280334.jpg

P1280341.jpg P1280336.jpg
<部分塗装>

胸部ダクトやバルカン、羽の一部や各スラスター部など、
本体の一部をシルバーで部分塗装してあります。


P1280371.jpg P1280365.jpg P1280366.jpg

P1280367.jpg P1280369.jpg

P1280376.jpg P1280375.jpg
<バックパック及びバラエーナ、腰部レールガン>

翼を展開してハイマットモードへ。
さらにRGオリジナルギミックとして翼が細かく展開可能。
バラエーナもきちんと展開します。
背部の翼はかなり大きくなっており迫力満点。
残念なのはうちのがエラー品だからだと思うんですが、右の真ん中の羽が若干
内側に歪んでいる事。どうやらパーツが歪んでおるようですorz
また、両内側の青い小羽は遊んでいるうちにパーツの保持力が緩んでしまい、
けっこう簡単に抜けやすくなります。これがまた破損を気にして直すのに
いちいちパーツを外さなくてはならず、ちょっとしたストレス要因に。
パーツが細かいが故の難点です。

腰部クスィフィアスレール砲は展開可能でグリップも引き出して握れます。


P1280383.jpg P1280384.jpg P1280417.jpg
<ビームライフル>

フォアグリップが可動。腰部背面に装備可能。
スコープのクリアパーツをクリアブルーで塗装してあります。


P1280377.jpg P1280378.jpg
<ビームサーベル>

ビーム刃がかなり長めです。サーベル柄は連結可能。
ただ、連結状態にしようとするとビーム刃の重さに負けてきちんと少し歪みます。
どうせならここは連結状態のものを別に付属させてほしかったところ。


P1280386.jpg P1280387.jpg P1280390.jpg
<シールド>

シールドの持ち手位置は差し替えで変更可能。
肘のジョイントと手首の2点で持たせようとするとうまくいかなかったので、
今回は肘だけで本体に装備させました。長さがあっていないのかな?(汗)
肘のジョイントはストライクのように動かせます。


P1280381.jpg
<各種手首>

可動指の他に左平手と右のライフル用武器持ち手、穴なし握り拳が
新しく付属し、遊びやすさがUP!
ただ、手首上部の黒いカバーパーツもいちいち外さなくてはならないので、
交換の際はちょっと煩わしいかもしれません。接着しても問題なし…かなぁ?


P1280380.jpg
<スタンド対応パーツ>

スタンド対応パーツが付属しますが肝心の対応するスタンドがうちにないので
まったくもって使いませんでした(^^;)


P1280388.jpg
<キラ・ヤマト>

ちっさいキラが付属。
白一色であまりに小さいのためおいらには塗りわけできません(泣)
100円玉の人のような視力と細かく動く指がほすぃ…


P1280444.jpg P1280445.jpg
<リアルスティックデカール>

付属のデカールはストライク同様に目の部分のみ使用。
気が向いたらペタペタ追加で貼っていきます(^^;)


P1280398.jpg

P1280401.jpg

P1280405.jpg

P1280408.jpg

P1280409.jpg

P1280413.jpg

P1280416.jpg

P1280429.jpg

P1280421.jpg

P1280425.jpg

P1280437.jpg

P1280438.jpg

P1280440.jpg

P1280431.jpg
<アクション!>

ストライク同様とんでもない密度感とクオリティで、しかもお値段が
これまでと同様なんですから、かんなり気合が入った逸品だと思います。
若干翼のギミック故の弊害でストレスに感じる部分がありますが本体の可動は
これまでのシリーズ同様にすこぶる良好で、あれこれとポーズをとらせて遊ぶと
すごく楽しいです。ライフル持ち手や左平手も新しく追加になり、どんどん
飾っても遊んでもいい仕様になってきているんじゃないかなと思います。

ジャスティスやプロヴィデンスもぜひフレーム流用でお願いしたいところです!


P1280415.jpg

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gundamserow.blog90.fc2.com/tb.php/941-3800285c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。