09 | 2017/10 | 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ROBOT魂 【RX-0 ユニコーンガンダム(フルアクションver)】 



P1270928.jpg

本日の玩具レビューはロボット魂の
【ユニコーンガンダム(フルアクションver)】です。

大変!
旧版のデスコーンさんが息してないわ!・゚・(ノД`)・゚・


P1270835.jpg

P1270837.jpg
<商品パッケージ>



P1270839.jpg
<付属品一覧>

・本体
・ビームマグナム
・予備カートリッジ(マグナム×2、バズーカ)
・ビームサーベル(ビーム刃×2、柄×4(トンファー用×2・サーベル用×2))
・シールド(+接続用ジョイント2種類)
・バズーカ
・ビームガトリング×2
・交換用アンテナ(軟質)
※デフォルトのアンテナは硬質パーツです。
・交換用手首(左右武器持ち手×2種類、左右平手)
・スタンド対応パーツ

付属品は旧版のデストロイモードとほぼ同じ内容です。


P1270843.jpg

P1270846.jpg
<本体>

完全新規で作り直しただけあって造形・プロポーション等かっこよく仕上がっています。
塗装精度も良好でサイコフレームの赤も旧版に比べて発色がよくなりました。
サイズアップはこれまで発売された同シリーズの物に準拠するためなのか
そういう流れなのかは分かりませんが、ノンスケールと言う便利な言葉で簡単に片付けず、
最初に出した奴にだいたいでも合わせるってのが筋だと思います。

いつもだと四肢はだいたいPVC製ですが今回は膝の可動ギミックがあったからか
硬質パーツ(プラ?)になっており、PVCは多分腕と足首だけな感じですので、
大きさの事もあり完成品プラモデル(というよりはクセのなくなったスペクリ)
といった印象が強いです。


P1270852.jpg
<旧版との比較>

…もはや大きさに関しては書くまでもなく…
色々駄目出しされる旧版ですが、個人的には腰部フロントアーマーの干渉と
トンファーのポロリ以外は特に気になりませんでした。
が、やはりリニューアル版と比べるとだいぶ見劣りしてしまいますなぁ…
担当さんの愛とかセンスとか技術とかでこれほどまでに違うものになるって考えると、
新担当さんに変わったのはロボ魂にとっては最善の選択だったのではと思います。


P1270880.jpg
<ロボ魂シナンジュとの比較>

ようやくシナンジュと肩を並べられる主人公が…
でも本来ならこのシナンジュの大きさが間違っていたわけで…
どんどんサイズアップしていくロボ魂ですが、バンダイさん的には主役機は
ロボ魂を買って量産機その他はガンプラで揃えろってことなんですかね?


P1270851.jpg P1270849.jpg P1270850.jpg
<頭部>

首は頭部・胴体側でそれぞれ可動。
フェイスの造形も作り直されてすごくかっこよくなりました。
アンテナは硬質軟質の2種類が付属。商品によって付いたり付かなかったりするので
いい加減デフォルトで付けてくだされ。
これがあるかないかで気軽に遊べる度合いがダンチなんですぜ?


P1270854.jpg P1270855.jpg P1270857.jpg

P1270860.jpg P1270861.jpg P1270881.jpg
<腕部>

胴体との接続部で簡単な引き出し可動になっています。
旧版とユニコーンモードに付けられたものに比べると可動範囲が狭いので、
ここの部分のみは以前発売されたものに軍配が上がるかなと。

上腕で横ロール。肘は2重関節。
腕は水平よりやや上まで。手首は画像のダブルボールジョイントで接続されています。
ビームトンファーギミックももちろん再現可能。
収納状態の時はちゃんとパーツを保持できるようにロックがかかります。
武器持ち手の保持力はまったく問題なしです。


P1270863.jpg P1270865.jpg P1270866.jpg

P1270867.jpg P1270864.jpg
<胴体>

胸部・腹部・腰部の3パーツ構成。
胸部と腹部の接続は旧版のクロスボーンと同じような機構から
ストライクのような機構に変更になっています。

バックパックのサーベル基部・腰部前後左右アーマーがそれぞれ可動。


P1270868.jpg P1270873.jpg P1270874.jpg

P1270872.jpg P1270871.jpg P1270878.jpg

P1270875.jpg
<脚部>

足付け根は横ロール可動。
膝は二重関節。ふくらはぎスラスターも可動。
引き出し式でなくなり、膝アーマーの連動可動が追加されました。
連動の際に白いパーツがちらっと見えますので、気になる場合は塗装が必要ですね。
足首周辺のパーツ割が細かく、可動範囲も以前の物から向上しています。
個人的には限界まで足を上げてもフロントアーマーがポロリしないってのに
一番びっくりしました(^^;)
足の長い機体ですが立膝もばっちり。


P1270883.jpg P1270884.jpg P1270890.jpg
<ビームマグナム>

フォアグリップ・グリップ下・バックパック取り付け軸が可動。
前腕とバックパックに装着可能。
グリップ下が展開するので、武器の取り換えがすごく楽です。
こういう配慮はすごく嬉しいなぁ。


P1270901.jpg P1270900.jpg P1270903.jpg
<武装類のバックパックへの取り付け>

バックパックに装備させると御覧のように。
シールドに限っては旧版のように斜めにも取り付けられる方がよかったかも。


P1270909.jpg
<ビームサーベル>

青いサーベル刃はなかったことにと言わんばかりのいつものピンク色(^^;)
サーベル刃根元には白の塗装が施されていますがこれは個人的には
あんまり好きじゃありません。
旧版はサーベルとトンファーの柄が共用でしたが今回はそれぞれにしか使えません。
サーベル刃は4つあると嬉しいところだったんですが…
ユニコーンモードもリメイク版でる…のかなぁ?


P1270904.jpg P1270905.jpg P1270911.jpg

P1270907.jpg P1270908.jpg
<シールド>

展開ギミックあり。
専用の接続ジョイントを使うことで腕部に装備可能。
バックパックへは盾内側に設けられたジョイントで接続する方式に変更になりました。


P1270896.jpg P1270895.jpg

P1270898.jpg P1270893.jpg
<バズーカ>

バズーカの伸縮ギミックとバックパックへの取り付けがようやくできることに。
以前のバズーカはホントとりあえず付けましたみたいな感じでしたから、
ちゃんとギミックが再現されるのは嬉しいですね(というかちゃんとやらなかった
旧版はホントになんだったのかと)。

ビームマグナム同様に可動軸が設けられているので
こちらも簡単に武器の取り換えが行えます。


P1270914.jpg P1270915.jpg P1270918.jpg
<ガトリング>

旧版はパーツの交換がすごく面倒でしたが、そこもちゃんと改善されています。
違うところは銃身後ろの部分だけ(パーツ交換からダボ穴で左右を保持できるように変更)
なんですが、ここが違うだけで手間がすごく減ったように感じます。
パーツの保持力も問題なく、重さで腕がへたることも(今のところ)なし。


P1270891.jpg P1270892.jpg
<予備弾倉>

前腕と腰部リアアーマーに装備可能です。


P1270912.jpg
<スタンド対応パーツ>

毎度おなじみになって嬉しい限りなスタンド対応パーツ。
いつものディステージに使いましたが今回はちょっと緩めでした。



P1270919.jpg

P1270963.jpg

P1270920.jpg

P1270925.jpg

P1270927.jpg

P1270930.jpg

P1270933.jpg

P1270934.jpg

P1270936.jpg

P1270939.jpg

P1270941.jpg

P1270942.jpg

P1270946.jpg

P1270947.jpg

P1270948.jpg

P1270949.jpg

P1270954.jpg

P1270955.jpg
<アクション!>

やり直し、しかも短い期間での完全新規物を発売するということ自体には大反対です。
最初から気合い入れた決定版を作ってくれれば同じ機体を買い直すこともなかったのに…
今度はアーバレストをリメイクするそうですが、こうなると最初に出た主役機は買うなって
言ってるようなもんですよね…確かに足腰はレーバテインに見劣りしますし左の武器持ち手が
付かないのはあれでしたが、完全新規でまた作る必要があるのかと。
需要があるから作るんでしょうが、今後もこれを乱発されると全体としてはマイナス効果に
しかならないと思うので、立体化の際は練りに練った決定版を世に送り出すという気概で
開発に臨んでほしいと思います。ホントに。

さて、旧版と今回のユニコーンさんを比較すると、担当さんが変わったということもあり、
全体的なクオリティには正直雲泥の差がついているように思います。
人が違うだけでこれほどのクオリティの差を見せつけられると、ロボット魂のMSという
ブランドにとっては人事異動は正解だったのではと感じます。

とにもかくにも全体的なクオリティはすごく高いですし付属品とギミックも申し分なし。
軟質アンテナついてるおかげで気軽にガシガシ遊べるので、遊べるユニコーンの
デストロイモードが欲しい場合はこれが最善かと思います。
ただ、値段が高いものなのでそこは財布の中身と相談なわけですが…
あとはフィギュアーツで散々煮え湯を飲まされたメタリックレッドの塗装が
退色しないことを祈るばかりですね。
まぁMSなので自分でリペする気が起きるだけ気が楽かな(^^;)


P1270958.jpg

スポンサーサイト

コメント

Re: ROBOT魂 【RX-0 ユニコーンガンダム(フルアクションver)】

ごうです。

其のお気持ち痛い程解ります、自分の場合は”DX超合金VF-25S”(メサイヤバルキリ-オズマ機)をリニューアル版で出されましたよ・・然も値段は諭吉さん一枚プラスうん千円と言う買うには超勇気の必要な代物ですよ・・・orz因みに前に買った”DX超合金VF-25S”はプレミアムバンダイで”スーパーパック”(専用スタンド付き)迄買った装備した状態なので尚更むかつきます。まあいざ買うとなればユニコーンフルアクションVer.が3個買えてしまうお値段故見送り決定ですが、まあ来月にはデスクトップPCを買わないといけないので買ったらまたコメしますね其れではまたお邪魔します。

Re: ROBOT魂 【RX-0 ユニコーンガンダム(フルアクションver)】

ごうさん、コメントありがとうございます。

>”DX超合金VF-25S”(メサイヤバルキリ-オズマ機)をリニューアル版で出されましたよ

玩具の価格が妻帯者の小遣いで買える値段じゃなくなってますよねぇ。
いい大人なんだから玩具を卒業しろって声も聞こえそうですが、それでも色々
切り詰めて多々買っちゃうんですよ(^^;)
しかしメサイヤのリニューアルも考えもんですよね。ロボ魂の3倍近くもする
値段のものをこうもポーンとリニューアル版で出されちゃうと、最初に買った
ユーザーはなんだったのと。しかも別売りのパックは確かリニューアル版には
装備不可なんですよね?がっかりを通り越して呆れかえって、もう買わない
っていう人も出てくると思いますよ。
リニューアル版で旧版の問題が解決されてかっこよくなるのはいいことですが、
まずはそんな事態にならないように商品開発を練り練って、事業部内で問題点を
色々と洗い出すのが先だと思うんですがね…・゚・(ノД`)・゚・
これからは欲しい物でもレビューサイトを色々見て、よく吟味してから
買わないとまたすぐにリニューアル版出されて凹みそうですから、
どこまでなら「買い」かのラインをきちんと引いておかないと
いけなくなりそうですねorz

Re: ROBOT魂 【RX-0 ユニコーンガンダム(フルアクションver)】

サイズの件は全く同感です。
完成品プラモ路線には(個人的に)全く共感出来ない訳ですが、完成度の高さは認めざるを得ませんから、これはこれで正解だと思います。
正解なのに全然嬉しくない。でも、これで諦めが付いたというか。
もう1st系しか買わないでしょうね。1st系はギリギリサイズを守ってる感じもしますので。
その他はゲイジングビルダーを買って息子と遊んでようと思います。欲しいMSはMIAサイズで作れば良いですしね(笑)。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gundamserow.blog90.fc2.com/tb.php/923-8f413a91

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。