07 | 2017/08 | 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未商品化MIAを作ろう!③【GAT-X252 フォビドゥン】 


こんにちは、セローです。
フォビドゥンを作ろう3回目の今日は
上半身を中心に弄りました。

撮影には土曜日の多々買いの戦利品であるチェーンベースを使用。
工場内といった雰囲気で製作途中でも違和感ゼロです!
やるな、コトブキヤ!(そんな今更な…)
撮影の背景がこれまでの白一色から刷新されて個人的に大満足です!
さすがはひとつ千円!(笑)


P1020104.jpg

首、腕、腰との各接続を関節技に変更することで広い可動域を確保できる予定です。
その他、各部にパテを盛り、只今乾燥待ちです。


P1020105.jpg

ちょい斜めから。
お気づきかもしれませんが胴体と腰の接続にはダブルボールジョイントを使用しました。
商品のままだと軸同士の間が長かったので、中心部分を適当な長さでカットし、
代わりにプラ棒を挟み込みました。
もちろんそのままでは強度が不安なので、中に真鍮線を通してあります。

フォビドゥンの腕付け根は設定だと90度回転します。
これは変形機構と連動しているギミックで、これによって背負いものが背面から
機体上部へ移動するわけです。
(ガンプラやAMIAをお持ちの方には今更の説明ですが(^^;))

ですが今回はそれを潔くオミットォォ!(爆)

可動を重視したかったため、肩ブロックとの接続に使用するボールジョイントは
やや前方に設けてあります。
腕付け根を回転させるのであれば胴体中心に穴を開けなければならないのですが、
前方に開けることによってS.C.Mのガンダムと似たような可動域になる(ハズ)。
変形機構はそのうちどうするか考えます(^^;)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gundamserow.blog90.fc2.com/tb.php/92-bdbb4df3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。