07 | 2017/08 | 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ROBOT魂 【AMS-129 ギラ・ズール(親衛隊機)】 



P1240383.jpg

本日の玩具レビューは魂WEB商店から届いたばかりの
ロボ魂【ギラ・ズール親衛隊機】です。

相変わらずだな!ズールぅ!!(泣)


P1240360.jpg

P1240362.jpg
<商品パッケージ>



P1240363.jpg

P1240364.jpg
<付属品一覧>

・本体
・交換用手首(左右武器持ち手、左右平手)
・ビームマシンガン
・ビームアックス(柄長短各1、サーベル刃×2)
・シュトゥルムファウスト
・ハンドグレネード×2
・左右マガジン付きフロントアーマー
・腰部兵装保持パーツ
・シールド
・シュトゥルムファウスト×4(シールド用)

一般機の武装類プラスアンジェロ機のシールドが付属。
ブリスターに入りきらず、シールドは裏面にテープ止めされてました。


P1240366.jpg

P1240369.jpg

P1240370.jpg P1240371.jpg
<本体>

本体仕様はアンジェロ機となっており、可動ギミック等もそのまま。
なので自然と内股になっちゃいますorz
どうせアンジェロ機の問題点に修正入れることはないだろうなとは思っていたので
悲しいかな予想通りと言ったところです。

バックパックがギラ・ドーガタイプのものになってますが、作っただけ~ってな
感じのするやる気のない造形でだいぶがっかり…
こんなやっつけ仕事ならMIAギラ・ドーガのをそのままくっつけた方がよかったんじゃ…

塗装はなかなか丁寧で、機体各部の派手なエングレービングもきちんと再現されています。
肩アーマーなんかは艶消しになっているので、アンジェロ機に比べると
だいぶ落ち着いて見えます。


P1240365.jpg
<アンジェロ機・一般機との比較>

うちのアンジェロ機に比べてメットがきっちりと取り付けられるようになっており、
すっぽ抜けるようなことはありませんでした。

一般機と並べてみて気付いたんですが、アンジェロ機&親衛隊機は手首回りのスカスカが
少し改善されてたんですね~。


P1240375.jpg P1240376.jpg P1240378.jpg

P1240379.jpg P1240381.jpg
<武装など>

武装類は一般機の物をそのまま流用しているようで、ライフルのやっつけスコープとか
そのまんまな上に手首の問題点が一般機からまったく改善されていないのでポロリポロリ…
アックスが一番のポロリ要因でした。


P1240382.jpg

P1240386.jpg

P1240388.jpg

P1240390.jpg

P1240392.jpg

P1240401.jpg
<アクション!>

本体に関してはアンジェロ準拠ですが、どうせならリアスカートの問題点など
きちんと修正して発売してほしかったなぁと。
機体各部の塗装はかなり良好ですが、すっきりと素立ちが決まらんのでかっこよさ半減と
いったところです。
新規造形のバックパックもやっつけ感が漂ってますし、武器の保持力に
難ありな仕様が改善されていないのも問題だと思います。

もうユニコーンはHGUCで集めようかなぁ…


P1240395.jpg

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gundamserow.blog90.fc2.com/tb.php/842-0661a008

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。