10 | 2017/11 | 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【RX-0 ユニコーンガンダム2号機(バンシィ)デストロイモード】 



P1200317.jpg

バンシィ制作したらデストロイモードも欲しくなるじゃないですかー!!щ(゚Д゚щ)
ってことで2010年制作、ROBOT魂ユニコーン改造の
【バンシィ デストロイモード】です。

バンシィもぜひ商品化して欲しいですが、その前にクシャトリヤ、リゼル、
デルタプラスを、お願いだから発売して下さい!・゚・(ノД`)・゚・



P1200274.jpg
<付属品一覧>

・バンシィデストロイモード本体
・ビームマグナム
・マグナムカートリッジ×2
・シールド
・ビームサーベル(柄×4、ビーム刃×2)
・バズーカ
・ガトリング
・交換用手首パーツ(左右武器持ち手×2種、左右平手)

付属品はロボ魂のものをそのまま使用。


P1200281.jpg

P1200283.jpg
<本体>

弄った部分は通常モード同様に頭部がメイン。
1号機と違う頭部の意匠をプラ版、塩ビ板で自作しました。
また、頭部の幅を幅詰したり、フェイスの目の横にある妙な出っ張りを削るなど、
地味に通常モードより手をかけてあります。
製品だとマスクがアレだって言われてますが、たぶんそれは目の横の妙な空白が
違和感を与えているのではないかと思うんですよ。カメラ部分だというのに、
なぜそこにそんな白い部分があるん?って感じで。
実際、全身真っ黒のバンシィは(親バカ補正もありますが)その違和感がないので、
とてもかっこく見えます。

首から下の改造箇所ですが、ビームトンファーの横幅を削り込んだぐらいで、あとは
製品版のまんまです。トンファーは塗装面同士が擦れて塗膜が剥がれることが
予想されるので(実際、うちの子は削りが甘かった左腕の塗装が一部剥がれました)、
その分のクリアランスを確保する必要があります。塗装前にはスカスカぐらいが
ちょうどいいと思います。


P1200291.jpg
<カラーリングデータ>

・灰1…ガンダムカラー(以下Gカラー)ファントムグレー
・灰2…Gカラーグレー(24)
・黒…Mrカラーブラック(基本色)
・赤…Gカラーレッド(7)
・紫…Gカラーパープル(7)
・オレンジ…Gカラーレッド(7)+Gカラーイエロー(1)
・金1…Mrカラーゴールド乾燥後にMrカラークリアイエロー(スプレー)を重ね吹き
・金2…Mrカラーゴールド
・クリアイエロー…Mrカラークリアイエロー(スプレー)

カラーリングは通常モードと基本的に同様ですが、NT-D発動に伴い各部装甲が
スライドし、内部のサイコフレームが露出した状態となっているので、
そのサイコフレーム部分をノーマルのゴールドで表現。
角とサイコフレームハやはり違う色にした方が見栄えがいいと思います。

いつものように筆塗装で、その後もいつも通りの
・墨入れ(本体→黒、サイコフレーム→イエロー、武器類→茶)
・デカール貼り
・クリア吹き
で完成です!

墨入れはbettsuさんにアドバイスを頂いたように、サイコフレーム部分をイエロー、
その他を黒で入れるようにしました。使用したのはリアルタッチマーカーです。
bettsuさん、アドバイス頂きありがとうございました!

デカールは通常モードでユニコーン用デカールをあらかた使い果たしてしまったので、
家にある似たようなデカールで代用。主にMGのVガンダムを使用しました。
後で作るかもしれない機体のデカールは少し多めに購入した方がよい…
とても勉強になったんだな(´;ω;`)ブワ


P1200297.jpg
<本体の可動>

本体の可動はロボット魂ユニコーンそのままです。
通常モードに比べるとやや可動には難ありという感じですね。

硬質パーツが多く、動かした際の塗装の剥がれが不安でしたが、いつも以上に
気を使って遊んだおかげかトンファー部分だけで済みました。
展開・収納と結構動かすので、トンファー部分が多分一番気を使う箇所だと思います。
これから作る人はパーツ同士が干渉しないように、十分にやすりがけを行った方が
後々の処理が楽になるかと思います。
失敗の報告も、後の兵士のために!ですな(^^;)


P1200295.jpg P1200289.jpg P1200290.jpg
<頭部>

通常モードの自作部分がとてもデカく見えたので、デストロイモードでは
小さめに作ることを心がけました。
色に関してですが、目は赤、くまどり及び顎部分は紫となっています。
顎は1号機を見る限りサイコフレームっぽいので、本来なら金で塗るのが
正しいと思われるんですが、設定資料を見るとしっかり紫色なんですよね。
もしかしたら映像化に伴って、のちのち金に修正されるかもしれませんね。


P1200279.jpg
<交換用手首>

甲部分の色を白からファントムグレーへ変更。


P1200277.jpg
<ビームマグナム・カートリッジ・バズーカ>

墨入れを行ったのみで製品版のままです。
バズーカは1枚だけ、余ったデカールをぺたりと貼りました。
特にバズーカを使ったっていう印象もないので、マグナムさえあればいい感じです。


P1200275.jpg
<ビームサーベル>

柄はファントムグレーに、ビーム刃は小説準拠でクリアイエローに変更。
どうせ外さないので、トンファーの分は接着してしまった方がポロリも
なくなっていいと思います。


P1200278.jpg
<シールド>

こちらも付属のものをリペイントしたのみ。
通常モード時は展開した羽を灰色に塗りましたが、
今回はサイコフレームが展開してるので金色に変更。


P1200276.jpg
<ガトリング>

本来は袖付きのものなのでバンシィには必要ないものですな。



P1200287.jpg
<一号機との比較>

弄った分だけ愛が増す!
だいぶ違う雰囲気になってくれたかなぁと。


P1200286.jpg
<通常モードとの比較>

サイコフレームの露出により金色が追加され、よりハデになりました。


P1200397.jpg

P1200292.jpg

P1200296.jpg

P1200300.jpg

P1200302.jpg

P1200301.jpg

P1200304.jpg

P1200308.jpg

P1200326.jpg

P1200327.jpg

P1200329.jpg

P1200332.jpg

P1200331.jpg

P1200334.jpg

P1200335.jpg

P1200339.jpg

P1200341.jpg

P1200342.jpg

P1200345.jpg

P1200346.jpg

P1200347.jpg

P1200349.jpg

P1200370.jpg

P1200373.jpg

P1200375.jpg

P1200377.jpg

P1200378.jpg

P1200380.jpg

P1200382.jpg

P1200384.jpg

P1200387.jpg

P1200386.jpg

P1200314.jpg
「亡霊は、暗黒へ帰れぇっ!」
やっと再現できたよ!( ゚∀゚)9グッ


P1200318.jpg

P1200320.jpg

P1200311.jpg

P1200313.jpg

P1200322.jpg

P1200323.jpg

P1200359.jpg

P1200364.jpg

P1200390.jpg
<アクション!>

第2回『mia-hall』残党軍コンペ参加作品のバンシィでした。
作るつもりはあったものの、もっと先の予定だろうと思っていたら
まさかの完成(^^;)
通常モード作っちゃったら、こっちも欲しくなるのは当たり前ですよねw
多分商品化されるとは思うんですが、原作では中盤以降の登場なので、
発売はもっともっと先になるかなぁと思います。
出来はどうあれ、一足先に立体化されていないものでこうして遊べるのも
改造の醍醐味の一つですよね~♪(^^)

弄った感想は先日愚痴ったのでここでは割愛。
通常モードの方が可動も優秀で、遊んでいてあっちの方が楽しかったと
感じたのは内緒だ!!(><;)


P1200299.jpg

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gundamserow.blog90.fc2.com/tb.php/737-c44e84c7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。