09 | 2017/10 | 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MIA 【PMX-003 ジ・O】 



P1190857.jpg

本日の玩具レビューはMS in Action!!シリーズから発売された
【ジ・O】です。
発売当時はスルーしてしまったので、今回ようやく巡り合うことができました。
ネットオークション?
確かにそれもいいんですが、たまたま立ち寄ったお店で邂逅を果たすのが
面白いんじゃないか!!щ(゚Д゚щ)



P1190815.jpg

P1190816.jpg
<商品パッケージ>

リニューアル版ではなく初版のようです。
初版だと開封してしまうと元に戻すのがなかなか面倒なので、
しまいやすいリニューアル版は本当にうれしい仕様ですよね。
中古ショップにての購入なので箱はちょっと傷ついてましたが、
本体は新品同様未開封状態でした。

量産機やこういう素晴らしいMIAだけでもいいので再販してくれると
コレクションや改造用にすごく助かるんですがねぇ…
SEEDの頃から集め始めて最近UC系に手を出した身としては、
改造用物資もSEED系に限定されちゃって他作品の機体を
作るのもままならんのですよ(´;ω;`)ブワ
せっかく巡り合った一点モノのUC系を改造に使うのも気が引けるし、
WEB限定でもなんでもいいので再販してほしいなぁ…


P1190817.jpg
<付属品一覧>

・本体
・交換用手首(左右武器持ち手×2種)
・ビームライフル
・ビームサーベル(柄・サーベル刃)×4

付属品はライフルとサーベル4本。
サーベルをきちんと4本付けてくれたのは嬉しい限りですね。


P1190818.jpg

P1190819.jpg
<本体>

最初に箱から取り出した時の、あのズシンとくる重量感は手に取らないと
分からないものなんですが、とんでもない重さです!
昔のものなので全部塩ビ製かなと思っていたんですが、肩関節や
足フレームの一部などには硬質パーツが使われています。
というか関節を同じような感じなので、POM製なのかも。

各部の塗り分けも細かいところまで行われていますし、
ディティールも普段目につかない部分まできちんと作り込まれており、
サイズが大きいこともあって圧巻の出来だと思います。
腰部サイドアーマーがもう少し外側だとよかったかなと思うぐらいで、
大満足のボリューム感。

ただ、とんでもない重量があるのでスタンドを使用する場合は
MGでも支えられるような頑丈な奴の方が無難です。
撮影時にはディステージを使用しましたが、ネジを限界まで締めても
バランスによってはきついものが…
どんだけ重いんだよ、ジ・O!Σ(゚д゚lll)


P1190820.jpg P1190821.jpg P1190822.jpg
<頭部>

首はボールジョイント可動。
顎はそこまで深く引けませんが、劇中での活躍場所が宇宙だということを配慮してか
上方向へは結構動きます。ここだけじゃないんですが、額などの藍色の部分は
ラメが混ざているようで、ちょっとキラキラします。


P1190823.jpg P1190824.jpg

P1190826.jpg P1190825.jpg
<腕部>

肩アーマーは跳ね上げ式。上腕横ロール。肘は単軸関節プラスボールジョイント。
腕はあまり上に行きませんが、肩を大仰に上げている
印象もないので特に不満はなし。
二の腕の一部が別パーツ化されボールジョイントで接続されています。
肘は単軸ですが、前腕のボールジョイント接続との組み合わせでストレスなく
動かせます。ただ、肘の裏側にある赤いケーブルが接着されていないので、
遊んでいるとたまに抜けます。


P1190827.jpg P1190828.jpg P1190829.jpg

P1190830.jpg P1190831.jpg

P1190832.jpg P1190833.jpg
<胴体>

胸部・腹部・腰部の3パーツ構成。
この頃の物にしては珍しく(?)3パーツ構成ですが、
可動はちょいときついものがあります。
腰回りの意匠が可動を妨げている感じ。
まぁジ・Oなのであまり動かなくてもいいんですが(^^;)

隠し腕ギミックのある腰部フロントアーマーはボールジョイントで本体と接続。
隠し腕は二重関節プラスボールジョイントであらゆる角度に動かせます。
手首も横ロール可能で至れり尽くせり。


P1190834.jpg P1190835.jpg

P1190836.jpg P1190837.jpg

P1190838.jpg P1190839.jpg P1190841.jpg
<脚部>

股関節はボールジョイント接続。膝は単軸関節。
脛の前後装甲は取り外し可能。
脚部フレームの作り込みが素晴らしいです。
足首も細かくパーツ分割されており、見た目に反して可動場所は多くあります。
ですが、足自体の重量がかなりあるため、ポーズをつけて
そのままそれを保持というのはかなり厳しいものがあります。


P1190843.jpg
<交換用手首>

ライフル・サーベル用の持ち手がそれぞれ付属。


P1190844.jpg
<ビームライフル>

大きさも適当ですし、塗り分けも丁寧で好印象。


P1190842.jpg P1190860.jpg
<ビームサーベル>

柄、サーベル刃は4つずつ付属。
柄は腰部サイドアーマーに2本ずつ装備可能。
ジ・Oはこんなところにサーベルを装備していたのか…

サーベル刃は軟質パーツなのでへたるのを心配していたんですが、
通常のMIAよりも大きく幅もあるため、あまりへたらない感じです。


P1190847.jpg

P1190849.jpg

P1190852.jpg

P1190855.jpg

P1190866.jpg

P1190861.jpg

P1190864.jpg

P1190867.jpg

P1190868.jpg

P1190884.jpg

P1190881.jpg

P1190879.jpg
なんと破廉恥な!!

P1190875.jpg
大迫力の4刀流!

P1190876.jpg

P1190878.jpg

P1190877.jpg
<アクション!>

可動面は関節の作りと本体の重さから狭い印象を受けますが、
ジ・O自体そんなに動いている印象のない重MSなので、個人的には
不満はありません。
それよりもこの圧巻のボリュームに足フレームなどに見られる各部の
作り込みがとても素晴らしく、遊んでいて一昔前の玩具とは思えない
満足感があります。
この頑丈すぎるだろってぐらいの安心感と重量感はいいもんですね。
やっぱりMIAはいいものだ~(*´д`*)


P1190889.jpg

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gundamserow.blog90.fc2.com/tb.php/713-4ea7cbbe

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。