05 | 2017/06 | 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロボ魂 【RGM-79SP ジム・スナイパーⅡ】 



P1190466.jpg

本日の玩具レビューは
ロボット魂の【ジム・スナイパーⅡ】
です。

遊ばせやすいですし量産機ですしで、大好きです。
これで一回り小さくて落っことしても安心な頑丈仕様だったら
最高のロボット魂だと個人的には思っています。


P1190510.jpg

P1190512.jpg
<商品パッケージ>

ポケ戦仕様です。
WDカラーが出た場合は外伝とかになるんですかね?


P1190419.jpg
<付属品一覧>

・本体
・交換用手首(左右武器持ち手×2種、左右平手)
・スナイパーライフル
・ビームサーベル×2
・シールド
・スタンド接続パーツ

狙撃機体(なのかどうかさえ怪しい機体と言えなくもないと思いますが)
ということで、スナイパーライフル(実弾なの!?ビームなの!?)に
サーベル、シールドとシンプルな付属品。
90mmぐらいは付けてもいいのよ?
ライフル持ち手とサーベル持ち手はしっかり別々になってます(のでストフリも
そうしてくださるとどれほどよかったことか…)。
ただ、ストフリもそうでしたがアンテナの軟質製交換パーツが付いていません。
取扱いに神経使うような玩具ならプラモで間に合ってますので、
軟質デフォでお願いしたいところです。
本体にスタンド用の穴が開いていませんが、その代わり本体をスタンドに乗せるための
パーツが付属します。


P1190422.jpg

P1190423.jpg
<本体>

ゴーグルの角度が鋭角なのでとてもやられメカには見えないかっこいい仕上がり。
ジムっぽくない!これだとケンプファーやっつけちゃうよ!

プロポーションで気なる点としては
・アンテナ長いよ!?しかも硬質一本って落としたらどーすんだ(((( ;゚Д゚)))
・コクピットブロックの縦の長さが足りていないような…
・ちょっと足でかいです。

と言ったところでしょうか。
動かしたり触ったりすると気になる部分やEMIAと並べると気になる部分などは
他にもありますが(^^;)


P1190428.jpg P1190426.jpg P1190427.jpg

P1190424.jpg P1190425.jpg
<頭部>

首は頭部・胴体側それぞれで可動。狙撃用ゴーグルも上下可動します。
アンテナはこれまで通り硬質軟質選択式にしてほしいところ。


P1190430.jpg P1190432.jpg P1190433.jpg

P1190434.jpg P1190435.jpg
<腕部>

上腕横ロール。肘は二重関節。腕は水平以上まで。
前腕手首接続部分はフィギュアーツなどでおなじみの球体可動パーツが
仕込まれているので、スイング可能です。

今回個人的にとても嬉しいのが肩関節の仕様。この仕様だと分かったから
買ったといっても過言ではありません。
これまでだとボールジョイントで動かす方式でしたが、ジムスナさんは
おなじみのEMIA方式になっております!正直ボールジョイントだと
見栄え悪いしプラプラになるの怖いしなので、ぜひこれからもこの仕様で
お願いしたいところです。


P1190437.jpg P1190438.jpg P1190443.jpg

P1190439.jpg P1190440.jpg

P1190441.jpg
<胴体>

胸部・腹部・腰部の3パーツ構成。
コックピットブロックが上下に可動するので、おぉ!内部ディティールが!?
と期待したんだけどモールドもなんもないツルペタだったよ(´;ω;`)ブワ
コクピットの縦の長さが足りないのは前屈させた時に
クリアランスを確保するためのようですね。
腰部アーマーは前横がそれぞれ可動。

個人的に気になる点はやはり胸部の硬質パーツ故の弄りづらさかなぁ…
肩関節もEMIAに(バラせないからちょっと違いますが)戻ったことですし、
胸部も塩ビに戻してくれると泣いて喜ぶところ。
コスト的にもどうなんでしょうね?
バラした状態をみると結構なパーツを使ってるようですから、
塩ビでどっしりしたもんをポンって方が組立工程も楽になるし
パーツも少なくて済むんじゃって思うんですが…


P1190442.jpg

P1190444.jpg P1190445.jpg

P1190447.jpg P1190448.jpg P1190449.jpg
<脚部>

股関節横ロール。膝は二重関節。膝装甲は独立可動。
足首はスリッパ可動かと思いきや通常の接続方式。
今回、シリンダー部分の可動ギミックが再現。
狙撃ポーズのためか、つま先も大きく上へ動かせます。
足自体は塩ビ製ですが膝装甲やふくらはぎスラスターは硬質パーツです。

個人的に強制的に動いてしまうこの膝装甲の可動ギミックは
いらなかったなぁと思います。
内部メカディティールが再現されているならまだしも
隙間が覗くようになるだけで見た目も悪くなりますし、
ここは固定式でよかったんじゃないかなと。

今回、この膝可動だったりシリンダーの再現やらコクピットの可動などから、
『一年戦争ものはやはりメカっぽくなくちゃ!』という雰囲気が伝わってきます。
この方向性は購入層を考えても妥当であると思いますが、やるならしっかりと
やらないと、中途半端としか映らないんじゃないかなと思います。


P1190455.jpg
<交換用手首>

平手の他、ライフル・サーベル用持ち手がそれぞれ別に付属しています。
お願いだからこれをデフォにして!!
兼用にしてしっかり武器を保持できないようなイライラ仕様はストフリで
最後にして頂きたい!ΣO=(゚Д゚o)


P1190450.jpg P1190451.jpg
<スナイパーライフル>

ライフルは特に可動部分なし。
スコープの塗装省略が残念ですが、これぐらいなら
Hアイズでどうとでもなりますな。


P1190456.jpg P1190458.jpg
<ビームサーベル>

柄、サーベル刃は2つずつ付属。
柄は腰部後ろにマウントできますが、接続部分は
どちらも硬質パーツなので破損に注意。


P1190452.jpg P1190453.jpg P1190454.jpg
<シールド>

硬質製のシールド。
接続は腕に対して横と後ろの2か所選べる他、
シールドの接続パーツも上下3か所を選択可能なので高さもある程度選べます。


P1190459.jpg P1190460.jpg
<スタンド接続用パーツ>

本来は魂ステージ用なのでしょうが、ディステージでも問題なく使えます。


P1190481.jpg
<EMIAザクとの比較>

やっぱり一年戦争モノ同士で遊びたいんや!ってことで隊長のザクさん登場!
並べてみましたが、頭1コ違う大きさの違いに絶望した!!
違う商品なんだから大きさなんかを比べること自体
ナンセンスだと言えば仰る通りです。
ですが今回の商品仕様を見る限り、けっこうMIAを意識しているな
という雰囲気なんですよ。だったればこそじゃないかと!
意識するならこの大きさの差をなんとか縮めようとして欲しかった…
コレクターアイテムですよね?突発的に一年戦争モノをこれだけ買うって
人の方が絶対少ないと思うんですよ。皆なんかしら他の一年戦争MSを
持ってるわけですよ。それだったら過去にロボット魂の源流(という言い方も
なんか違和感というかなんというか…)にもなったMIAと遊べるように
工夫しようと努力してくれると、古参の方々は本当に嬉しかったのでは
ないかと思うんですよね。かつて集めたケンプファーがついに活躍できる!とか
ザク、ドムでやっつけられる機体が出た!ってなるわけじゃないですか。
すでに発売された玩具との互換性があるからこそ遊びの幅が広がると思うんですよ。
そこからまたロボット魂集めてみるかって事につながるかもしれない。
一年戦争MSって30年前のアニメに登場したロボってだけでなく、
そこから現在に至るまで生き続けている歴史そのものなわけですから、
ぜひとも開発陣にはファンを大事にするという心掛けをもって商品開発に
臨んでほしいと思います。


P1190461.jpg

P1190462.jpg

P1190465.jpg

P1190467.jpg

P1190474.jpg

P1190477.jpg

P1190478.jpg

P1190482.jpg
持っててよかったシリーズ!
マウンテンサイクルからUCアームズギャラリーを発掘して参りました!

P1190483.jpg

P1190484.jpg

P1190486.jpg

P1190487.jpg

P1190489.jpg

P1190491.jpg

P1190494.jpg

P1190495.jpg

P1190493.jpg

P1190496.jpg

P1190498.jpg
トランザム化しても不思議ではないかっこよさ!

P1190500.jpg

P1190499.jpg

P1190507.jpg

P1190503.jpg
…スナイパー分が少なすぎなんやな(汗)

P1190468.jpg
<アクション!>

単品で遊んだ場合はカッコイイですし、シンプルなデザインなので
(どっかのチート機体と違って)ストレスなく遊べますし、
動かしてポーズとってと、とても遊べる1体になっています。
が、硬質アンテナだけしか付いていないので遊ぶ際には注意が必要という…
正直気を使うアイテムならプラモでいいんで、MIAゴッグみたいに
2歳の坊主の相手をしても、2階から坊主に落とされてもへっちゃらな顔で
「さすがゴッグだ、なんともないぜ」ってぐらいの頑丈な作りに
してくれると本当にありがたいです。

遊んだ際はジム系量産機ってことで付属のライフルだけではどうしても
物足りないと感じてしまいます。なのでMIAやガンプラなどの付属品から
武器を強奪すると尚遊びの幅が広まります。ジム最高!

あとは前述の通り大きさかなぁ…
「コレクター」って看板背負ってるわけですから、とにかく
ファンを大切にして頂きたいと思います。


P1190479.jpg


スポンサーサイト

コメント

Re: ロボ魂 【RGM-79SP ジム・スナイパーⅡ】

レビューお疲れ様でした
格好いいポージングです 

肩関節は嬉しい限りですし秀作です

ただ大きさだけが本当に残念ですね(┳Д┳)
せめてロボ魂だけでも良いからサイズ統一して行ってもらいたいです 本当はMIAサイズですけど

ジムスナ2は足が長すぎますよね?
短くしようかなと考え中です
(ー""ー;)

Re: ロボ魂 【RGM-79SP ジム・スナイパーⅡ】

雅さん、コメントありがとうございます。

>肩関節は嬉しい限りですし秀作です
ですよね♪肩関節は初期の00から(自分が購入したものは)
ず~っとボールジョイントでしたから、このMIAへの回帰は実に喜ばしい
変更点です。今後ともぜひこれを採用してほしいところです。

>せめてロボ魂だけでも良いからサイズ統一して行ってもらいたいです
途中から大きくなったり同じシリーズなのに身長差を考えなかったりとマチマチ
ですからね。もうちょいここいらへんは拘ってほしいなと思います。

あたさん、コメントありがとうございます。
>ジムスナ2は足~
全体的なプロポーションがヒロイックなアレンジに感じますよね。
MIAとの身長差を考えても短くすると、とてもいい感じだと思います。
ザクやドムなんかと絡ませることを考えると
やっぱもう一回り小さい方が…ねぇ(^^;)
  • [2010/09/15 18:00]
  • URL |
  • セロー(管理人)
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

Re: ロボ魂 【RGM-79SP ジム・スナイパーⅡ】

レビュー、お疲れ様でした!
最近、「プラモに近い方が喜ぶ」レビューが多い中で唯一、溜飲が下がるものでした。
特に「コレクター事業部なんだから、ファンを大切に」の件。我が意を得たりです。
特にサイズは本当に異論も多いだけに、何とかして欲しいです。
MIAでもない、プラモでもない中途半端なサイズ。
そして素材も同じく。バンダイは素晴らしい技術をお持ちなんだから自信を持ってPVCに取り組んで欲しいです。
そしてMIAの歴史を受け入れて欲しいですよね。
ちなみに私は我慢出来ずに短足化した訳ですが(これってMIA改造の歴史を凝縮したものでして・・・って、まぁ、伝統的な関節短縮に黒い接着剤テクを使っただけですけど)、やっぱりパーツ単位でデカイ(太い)ので、違和感は拭えませんよね。
特にパーツ単位で合わせるという事にバンダイさんは気を遣って欲しいです。こういう事に気を遣うという事はすなわち、ファンを大切にするという事な訳ですから。
それはともかく、とても嬉しいレビュー、有り難うございました!

Re: ロボ魂 【RGM-79SP ジム・スナイパーⅡ】

スマイリーさん、コメントありがとうございます。

>「プラモに近い方が喜ぶ」レビューが多い中で唯一
私もいくつか玩具レビューサイトさんを見て回ってみましたが、
同じようにプラが多くていい(または多い方がいい)という意見がどうも
多数派のように感じました。個々人の好みの問題ですが、
やっぱり私たちにとっては…ねぇ(笑)
プラ=質感がよい、PVC=質感が悪いなんて論調を仰る方もいて
いやいやそれは違うだろ、などと内心では首をひねるばかりです。

>MIAでもない、プラモでもない中途半端なサイズ
MIAサイズにする、あるいはそれを集めていた人たちの事を考慮して
サイズをある程度決めるとか、プラモとサイズを同じにして互換性を
持たせるとかそうしたことはやはり【ROBOT魂という単独のシリーズだから】
考えていないんでしょうかね。
それはそれとして受け止めようにも同シリーズ内でサイズ差
無視したりしてますし、コレクションする人たちのことを
もっと考えてほしいところです。
ノンスケールってホント便利な言葉だなぁって、ズールで思わされました…

>MIAの歴史を受け入れて欲しい
以前、1周年だか何か新作が出たときにMIAの全盛期以上の収益になりました!
みたいな記事を読んだ覚えがあるので、そういうのは意識してるんだって
思ったことがあります。
開発陣としてはシリーズは終わったと考えてこれからはロボット魂をよろしく
ってことなんでしょうが、じゃあ過去に集めていた人たちへの配慮があるのかと
どうもそれを感じる機会が少ない気がします。
個人的には公式HPで取り上げられていたユニコーンの紹介記事がすごく
嬉しかったのを今でも覚えています。関節機構や素材選びなどもMIAを
意識しているように感じましたし(胸部が塩ビ製だったらなおよかった!)、
こうした姿勢ならユニコーン系はたぶん大丈夫だろうと安堵していたんですが…
もう少しファンの心理を理解するなり気遣いを見せてくれるなりしても
いいだろうと思うんですがね(泣)
いったん作った商品を世に送り出すと同じものを作る機会ってなかなか
得られないわけですから、もっと開発には気を使って欲しいなぁと思います。

や、やばい!愚痴っぽくなってきた(((( ;゚Д゚)))
まぁいつものことですね(^^;)


  • [2010/09/17 18:35]
  • URL |
  • セロー(管理人)
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gundamserow.blog90.fc2.com/tb.php/699-5e1b54f4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。