05 | 2017/06 | 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

S.H.F 改造 仮面ライダーダブル CJX 



P1190005.jpg

fgというモデラーさんたちが作品を投稿するサイトがあるんですが、
そこにフィギュアーツダブルCJXにホログラムシートを貼りつけたという
meron氏の作品が投稿されていまして、これはすげぇ!ってことにパク
参考にさせて頂きました。
パクアイデアを下さったmeronさんにこの場を借りてお礼を申し上げます。

ということで、今回は
フィギュアーツ 仮面ライダーダブル サイクロンジョーカーエクストリームの
銀部分(クリスタルサーバー)にホログラムシートを貼っちゃおう!
という改造記事でございます。

なお、至極当然のことですが、改造はすべて自己責任ですので、
破損などには十分注意して下さい。


P1180969.jpg

まずはCJXを画像のようにバラします。
本体中央の銀部分にホログラムシートを貼っていくので、
そこに必要な部分のみを弄る感じですね。
銀部分の上には大抵クリアパーツが被せてありますので、
エビの殻をむく要領でパカッと剥いでいきます。


P1180970.jpg

P1180971.jpg

P1180972.jpg

P1180973.jpg

と言っても多分スムーズにいくのは足と胸部ぐらいなものでしょう。
なので、分解の際にはマイナスドライバーなどを使って慎重に
分解していく必要があります。


P1180974.jpg

P1180982.jpg

P1180981.jpg

特に厄介なのが頭部と腰部。
小さいパーツな上にがっつり接着されている様子でしたので、セローは
デザインナイフで接続ピンをぶった斬って真っ二つにしました。
まぁ最終的に瞬間接着剤のお世話になるんで特に問題もないかと。


P1180892.jpg

P1180898.jpg

ちなみに胴体はねじ止めを外すとここまで分解できます。
今回の改造ではここまでバラす必要はありませんが、
何かの参考になればと思います。


P1180977.jpg

で、今回の改造の主役登場!
ホログラムシ~ト~♪(byのぶ代ドラ)
なんとこれ、1枚でMIA1体分もするというぼったくお高いシート。
ん~、売ってる場所も限られてるだろうしばか高いもんなので、
ひょいひょい買える代物じゃないですわいな(汗)
ちなみに改造の際には1枚で十分お釣りがきます。
今回ホログラムシート初使用でかんなり失敗してやり直しをしましたが、
それでもけっこう余ります。うまくいけば1枚で2体分ぐらいは改造できるかと。


P1180976.jpg

まずはホログラムシートの裏面に書いてある使用方法などを読みますと施行液と
いうものを自分で作らなければならないようです。といってもこの施行液は
300mlの水に家庭用の中性洗剤を7~10滴混ぜて作るという至って簡単なものです。
セローは容器の容量の関係で200mlに洗剤6滴を混ぜて施行液を作りました。


P1180979.jpg

で、出来た施行液を霧吹きに入れます。
ぶっちゃけ最初はこんなんいらんじゃん。筆に水付けて~とも思っていましたが、
素直に指示に従った方が痛い目見ないで済むと思います。


P1180983.jpg

というわけで貼ってみる!
バラしたパーツと大きめにカットしたシートの糊面に施行液をつけてペタリ。
これだけです。ただこれだけ。
なのですが、厄介なのがシートがもんのすごく薄くてすぐに丸まってしまうこと。
コツを掴むまでに何回シートが丸まったことか…


P1180988.jpg

なのでこれからシートを貼る方に丸まらないやり方をちょいとレクチャー。
セローの失敗を繰り返して欲しくないのです。あれ、すんげぇイライラしますから。
シートを剥がす前に霧吹きをやって剥がしやすくし、
少しシートを剥がしたらまた霧吹きを一度吹いて、糊面に水を浸けるように剥がす。
こうするとシートの静電気クルクルさんを水が抑えてくれるので丸まりにくくなります。


P1180987.jpg

で、貼るとこんな感じになります。
余計な水分を麺棒で飛ばすとか、あとは水転写デカールと同じ要領でやればOkです。
ただ、前述の通りシートがバカみたいに薄いんで、
強くこすると表面が傷つくため注意が必要です。

うまく貼れたんだけど下地のモールドが潰れちゃったいう場合もあるかと
思いますが、暫くして馴染むとモールドが出てきますので辛抱しましょう。

あと曲面への貼りつけがすんごいめんどくさいです。
しわが出来てはやり直しを繰り返したんですが、どうにも自分の力量では
完全にしわを失くすことができませんでしたorz


P1190001.jpg

シートを貼り貼りを繰り返していくと…
こんな感じに完成です。
ベルトがないのが製品版。
ベルトありが改造品。
光に当たると劇中同様に7色に輝き、製品版の銀単色では表現できなかった綺麗な
クリスタルサーバーに仕上がります。
腕に自信のある方はぜひお試しくだされ。逆に初心者の方には難しいし
お金がかかるしでなかなかおすすめできん工事ですが、完成時の
あのキラキラ感はなかなかのもんですので、スキルアップと思ってチャレンジ
してみてはいかがでしょうか?


P1190035.jpg

もう1体行くには出来そうで出来ない微妙な量が余ってしまった…orz
胸部のしわが気になるんでリトライしようかなぁ

これから嫁の実家へ帰省するんで、完成品などはまた後日改めてご紹介致します~ノシ
スポンサーサイト

コメント

かなりよい感じですね
同じく機会があったらパクらせてもらおうかなと
(;´Д`)

しかしセローさん
前にFJ最強説でCJXは・・・みたいなこと言ってませんでしたっけ?ww

Re: S.H.F 改造 仮面ライダーダブル CJX

あたさん、コメントありがとうございます。

>かなりよい感じですね

ありがとうございます。
胸部の皺はやり直さないと見れないレベルですがorz
拙い作例ですが、ご参考になれば幸いです。
記事でも書きましたが、ホログラムシートは初めて扱うとその
扱いにくさに慣れるまでかんなりストレスになると思いますので、
ご注意ください(^^;)

>前にFJ最強説でCJXは・・・

ふへへ、今でもそう思ってはいるんですが、劇場&フィギュアーツ効果で
CJXもなかなかいけるんじゃない?なんて思い始めてきた次第ですw
映画版ダブル、かなり面白いのでぜひあたさんも劇場でその活躍を
見て頂けたらなぁと思います。って完全に東映の回し者ですね(^^;)

新作ライダーもWに負けず劣らず面白いといいんですがねぇ…
  • [2010/08/13 12:37]
  • URL |
  • セロー(管理人)
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gundamserow.blog90.fc2.com/tb.php/678-7de55be4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。