10 | 2017/11 | 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逆襲のギラ・ドーガ④ 



P1180088.jpg
<銅及び腕部>

ずんぐりむっくりの量産機じゃなくてエース用の
高機動ドーガだよ!なことになってきたEMIAガンダムMk-Ⅱの
関節をMIAギラ・ドーガに移植しよう改造記事第4回!!

今回は胴体編でございあます~(打ち間違ったら天竜人だコレ!Σ(゚д゚lll)


P1180095.jpg

P1180096.jpg
<胴体全体像>

全体像はこんな感じです。
工作自体は基本的にこれまで同様EMIAガンダムMk-Ⅱの関節及び
関節受け部分をMIAギラ・ドーガに移植する形で進めましたが、
胴体はちょいと色々自分好みにすべく修正を加えてみました。


P1180098.jpg

P1180100.jpg

P1180099.jpg
<胸部>

以前お伝えしたように横幅を詰めて内部をリューターでガリガリ削り、
Mk-Ⅱの肩関節を受け部ごと放り込んでパテで表面を覆いました。
お持ちの方は分かるかと思いますが、関節はそのままだと肩アーマーの
接続との整合性をとるための突起が目立つので一部切り欠いてます。
腹部との接続には切り出した塩ビ板を使用。
3.5mmの穴をあけ、ぐらつかない様に周囲をパテ補強しました。
この部分でもリューターが大活躍!
電動工具なんで若干神経使いますが、彫刻刀で削っていくのに比べると
大幅に時間短縮できるのがありがたいですね。

ん~…出来た出来たと喜んでいたんですが冷静になってみてみると、
胸部中央の深緑の装甲部分と下のディティールのラインが一体に
なっててカッコ悪いですね…
もうちょい調整が必要ですな。


P1180103.jpg

P1180104.jpg
<腹部>

股関節にMk-Ⅱを使う関係上腹部もMk-Ⅱを使用。
パテで周囲をぐるっと覆いました。


P1180102.jpg

P1180101.jpg

P1180097.jpg
<腰部>

前述の通りMk-Ⅱの股関節を使用しそこにドーガの各部装甲を移植。
パイプは腹部・腰部と製品に比べて実質幅増し状態のためそのままでは
胸部に取り付けられないことが発覚したので、2か所(前面基部と横)に
1mm塩ビ片を貼りつけ(真鍮線で補強)幅増ししてあります。
またパイプ基部の形状が少々貧弱かなと感じたのでパテを盛りました。
後で形状を整えたいと思います。

腰部サイドアーマーはご覧の通り、Mk-Ⅱの基部を切り出してドーガの
ものに貼りつけました。
縦幅はもう少し長い方が好みなので2つに切って1mm塩ビをかまして再接着。


P1180094.jpg

P1180093.jpg

P1180092.jpg P1180089.jpg
<ランドセル>

ランドセルはそのままでも良かったんですが、あまり主張しすぎるのも
あれかなと思い直し、バーニア部分、接続部分、本体上下に分割し、
上下・横幅を数mmずつ詰めてみました。
バーニア部分はホビージャパンで活躍中のセイラマスオさんの作例を
参考に製品と上下逆に取り付け。
プロペラントタンクの上部分は市販のディティールアップパーツに
置き換えましたが、正直これは微妙だったかも…(汗)


P1180088.jpg

というわけで最後はまた全体像。
手首はMk-Ⅱで統一したいところなんですが、中古で手に入れた関係上
左平手と右武器持ち手しかないんですよorz
新品Mk-Ⅱも家にあるっちゃあるんでやろうと思えばグー手とか
左サーベル持ち手とかも揃えられるんですが…どうしたもんですかねぇ…
ここまで手を加えちゃうとすんごい愛着湧いてしまい、手首の形が
左右で違うなんてもったいなくてもったいなくて(^^;)
まぁそのうちどうするか決めます。

そういやHGUCのロト作ってて思ったんですが、ガンプラは
ただ作って色塗るだけでも辟易しちゃうのになぜMIAだと
ここまで頑張ろうと思えるんだろう…とふと疑問が。
自分でも不思議だなぁとは思うんですが、やっぱこの弄りやすさが
MIAの魅力なんですよねぇ(^^)

あ、まったく関係ない話ですが、今日行った大型家電量販店で
ギラ・ズールがなんと1000円で投げ売られていました。
…まぁあれだとこうなる運命だろうとは分かっていてもなぜか無性に
悔しくなるのはなんでなんだろう…(´・ω・`)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gundamserow.blog90.fc2.com/tb.php/637-d0d3bde3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。