07 | 2017/08 | 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロボ魂 【M9 ガーンズバック(クルツ機)】 



P1160229.jpg
<商品パッケージ>

本日の玩具レビューはROBOT魂から発売された【ガーンズバック(クルツ機)】
となります。アーバレストだけでなく、同じ商品カテゴリーからM9も…
発売しただけで嬉しい限りだというのに、なんとクルツ機、マオ機と
2種類が同時発売とは!いい時代じゃ…いい時代になったもんじゃ…

玩具とは関係ないですが、早く新刊(最終巻?)出して下さいよ!
もう、ずっと待ちっぱなしですから!!


P1160151.jpg
<付属品一覧>

・本体
・交換用手首(左右武器持ち手×2種、左武器添え手、左右平手)
・76mm狙撃砲
・滑空砲
・収納ケース
・腰部兵装保持アーム(開・閉)

射撃専用のクルツらしく、2種類の重火器と狙撃砲を収納できるケースが付属。
また、アーバレストには付いていなかった(WEB限定の緊急展開ブースターに付属)
左武器持ち手もあります。
ちなみに2種類ありますが、1つは狙撃砲と滑空砲に対応のタイプ、もう1つは
マオ機やアーバレストに付属の武装に対応のタイプと用途がしっかりと分かれています。


P1160153.jpg

P1160154.jpg
<本体>

アーバレスト同様に塩ビ多めでセローに優しい仕様です。
うん、もっともっと塩ビ率は増やしていいですぞ!!

しっかりとまとまったプロポーションと地味な配色。
いいですねぇこういうミリタリーテイストなロボは大好きですぞ!
個人的にはヒロイックなアーバレストよりこういう地味な量産系統の
M9の方がツボです。
オデコが広いのは気にしない方向で(^^;)


P1160155.jpg

P1160156.jpg P1160157.jpg
<頭部>

首は頭部・胴体側それぞれで可動。
この他の部分も、基本的にはアーバレストとほぼ同様の可動ギミックです。
このクジラみたいな頭も見慣れれば愛嬌がありますね。


P1160160.jpg P1160161.jpg

P1160158.jpg P1160159.jpg

P1160163.jpg
<腕部>

上腕横ロール。肘は二重関節。
腕は水平まで上がります。
アーバレストは四十肩な印象でしたがこちらはしっかりと
上がってくれるので、改良されて好印象。
肩アーマーのシールド(?)は基部で360度回転可能。
手首は一揃いしており、同シリーズのASの武装を持たせるための手首も
付属していて好印象です。


P1160164.jpg P1160165.jpg

P1160168.jpg

P1160169.jpg P1160170.jpg

P1160166.jpg P1160167.jpg

P1160197.jpg P1160196.jpg
<胴体>

胸部・腹部・腰部の3パーツ構成。
伏射しても見栄えがするように仰け反りが得意です。
ただ、胸部直下のパーツはABSでなく塩ビの方がよかったですね。
リボルテックアーバレストに対抗してロボ魂アーバレストを
前屈させようとしたらここの部分が中央からバキッと破損した
苦い記憶があるもんで(^^;)

腰部後ろには武器を保持するためのパーツがあり、差し替えで
開閉状態を再現可能。リアアーマーも地味ですが可動します。


P1160171.jpg P1160172.jpg

P1160173.jpg P1160174.jpg

P1160175.jpg P1160180.jpg


P1160176.jpg P1160179.jpg

P1160182.jpg P1160183.jpg
<脚部>

足付け根は横ロール可動。
膝は二重関節で膝アーマーは独立可動。ただし、せっかくの二重関節なのに
90度程度しか曲がらないのがかなり残念で仕方ないです。
足首は横ロールとつま先で可動。
接地性はかなり良好です。
アーバレストは股関節周りの装甲が邪魔で脚部の可動が制限されていましたが、
フロントアーマーがサイドアーマーとつながって横に逃がせる
ようになっているので、可動の制限を受けにくい新設設計に!
いいです、こういう配慮、すごく素敵です。
…こうなると余計膝の角度の残念っぷりが…orz


P1160193.jpg P1160194.jpg

P1160198.jpg
<滑空砲>

バイポッド部分が展開可能で、ケーブル先端は腰部サイドアーマーに接続させます。
なにげにマガジンが着脱可能なのは嬉しいところ。
パーツを介して腰部後ろに装備可能。


P1160189.jpg P1160190.jpg

P1160192.jpg

P1160186.jpg P1160188.jpg
<狙撃砲及びケース>

収納・展開ギミック搭載の狙撃砲と狙撃砲を収納するケースが付属。
狙撃砲はバイポッド、肩にあたる部分、砲身前部が可動し、
マガジンは取り外し可能です。
胴体背面のハードポイントに装備可能です。
なお、こちらも滑空砲のケーブルを流用して本体と接続する仕様になっています。


P1160195.jpg
<武装のハードポイントへの接続>

こんな感じで付属しているものはすべて本体へ装着可能です。


P1160210.jpg

P1160199.jpg

P1160204.jpg

P1160200.jpg

P1160202.jpg

P1160206.jpg

P1160208.jpg

P1160209.jpg



P1160211.jpg

P1160219.jpg

P1160220.jpg

P1160212.jpg

P1160226.jpg

P1160213.jpg

P1160217.jpg


<アクション!>

アーバレストで不満のあった肩、股関節周りの可動が改善されており、
付属品も男のロマン(?)な狙撃砲、交換用手首の充実とかなりいい感じです。
これはいいM9だ!
総じてかなり良好な出来栄えです…膝以外はね(^^;)
この膝の可動は実にもったいないですよね。もうちょい曲がれば
もっといい姿勢で狙撃のポージングをとらせられただろうにと、本当に残念。
まぁ股関節周りの可動がいいので、気にしなければいいと言えば
そうかもしれませんが…でも気になるんです!(><;)

あとは値段ですかねぇ。
装備品の充実ッぷりという視点から見ればサベージの方が上だし…
ちょい高めの3500円設定ではなく、2500円(高くても3000円)が妥当なラインだと
個人的には思うんですがねぇ…

マオ姐さんのM9もほぼ同様の作りだろうと思うので、
さくっとレビューしたいと思います~。
…なんかレビューし忘れてる気が…

あっ!限定版のドロッセルお嬢様Σ(°□°;)!?
…まぁお嬢様は気が向いたら(^^;)


P1160216.jpg

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gundamserow.blog90.fc2.com/tb.php/558-396c04ee

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。