07 | 2017/08 | 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンペ作品:オラザクファントム③ 



P1150726.jpg
<全体図>

可動改造のあとはどう料理していこうかほぼ決まっていないながらも、
改造は進むよ着々と!!(><;)
というわけでだいぶ見切り発車&後先考えずに改造を進めている
ザクファントムの第3回は胴体の可動改修についてです。

残党軍コンペなのに、
『クライン派の復権による連合との和睦をよしとせず、地球上で
連合軍に対して戦いを挑み続けるMS部隊の隊長機』
などという脳内設定は、人としてどうなのかと今更ながらに
疑問を抱き始めました…(汗)
やはりジオン軍残党という正統派で攻めるべきだったかもと
改造しながらも後悔しています…orz


P1150727.jpg
<分解図>

胴体の可動についてはEMIAが個人的にツボなので、
それを再現するために胸部・腹部・腰部の3パーツ構成に変更しました。



P1150729.jpg
<腰部>

胴体の中では一番楽な改造部分。
胸部・腹部と干渉する股間の上部分を斜めにカットしたのみです。
脇についているハンドグレネード?は後ほど切り飛ばす予定。


P1150730.jpg

P1150743.jpg
<腹部>

製品では胸部と接着されていますが熱湯にぶっこんで
柔らかくすれば案外簡単に取り外せます。

1mm塩ビ板を四枚重ねて基部を作り、中心部分にドリルで
穴をあけてEMIAジャスティスの胴体と首関節を移植。
胸部・腰部と干渉する部分を切り飛ばして出来上がりです。
中央部下の部分が透明の塩ビ板になっていますが、これは
試行錯誤した際の勲章です(^^;)
ここは切らなくても大丈夫な部分だったのですが、
邪魔になるかと思って切り飛ばした結果、見栄えが悪くなって
しまった工作個所でして、塩ビ板で急きょ補修しました。
…うん、後先なんか考えてないぜ!!(爆)


P1150731.jpg
<胸部>

EMIAジャスティスの関節パーツを移植する関係で
中をごっそりと切り取りました。
電動でグイングイン切削できるりゅーたー(でしたっけ?)があれば
楽なのでしょうがそんな文明の利器が手元にあるわけもないので、
各関節パーツ・腹部との接合具合を見ながらハンドドリル、彫刻刀、
デザインナイフでちびちびと苦労しながら工作を行いました。

…電気の偉大な力をぜひとも体感したいもんですな…(´・ω・`)!


P1150732.jpg
<肩接続部分>

肩関節部分はEMIAと同様にというわけではなく、(勝手に)師と仰ぐ
ババロアさんが制作したザクの記事を参考に約斜め45°で接続。
関節パーツはザクの物を加工して使用します。


P1150737.jpg P1150735.jpg

P1150739.jpg P1150740.jpg
<背面バーニア>

仰け反った際に腰部と干渉するので、上下に可動するように切削。

以下、可動テストの画像です。



P1150745.jpg

P1150744.jpg

P1150734.jpg

<可動チェック>

なかなかに苦労した部分ですが頑張った甲斐あって、可動性能は
満足のいくものに化けました。
動かなかった部分が動く、動くぞ!って目に見えて変化するいうのが
楽しいので、この可動拡大の工程が一番好きです♪

…まぁこの後どう改造するかと四苦八苦するのは目に見えているので
今は考えない方向で楽しもうっと…(´・ω・`;)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gundamserow.blog90.fc2.com/tb.php/545-222a6d2a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。