07 | 2017/08 | 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロボ魂 【RX-0 ユニコーンガンダム(ユニコーンモード)】 



P1150278.jpg

本日の玩具レビューはROBOT魂<SIDE MS>からユニコーンです。
ついにと言うかいよいよと言うかUC100年以前の機体が発売です…
MIAファンからするとなんか色々複雑だなぁ・゚・(ノД`)・゚・

愚痴が続きそうになったので強制的に話をユニコーンに戻します。

ROBOT魂ではHGUC同様に『変身』のギミックをオミットし、
ユニコーンモード、デストロイモードを個別に発売するようになっています。
小説で楽しませてもらっている(まだ全巻読破してません(^^;))
連邦軍の新しいガンダムの力!見せてもらおうか!!


P1150309.jpg
(帯あり)
P1150310.jpg
(帯なし)
<商品パッケージ>



P1150216.jpg

P1150217.jpg
<本体>

プロポーションはよくまとまっているとは思いますが、
どうにも額のブレードアンテナの傾斜が脳内イメージと違うんですよねぇ。
もうちょっと前に倒れていた方が好みです。
ただ、HGUC、スパコンと同じような角度なのでこの角度が設定的には
正しいのでしょう。

ユニコーンは本来全身白亜の機体という設定ですが、立体化した際の
のっぺりとした印象を緩和するために、各部にグレーの塗装が施されています。
この情報を知った時は別にそんな配慮はイランなぁ~とも思ったのですが、
なかなかどうしていい感じで立体的に見えますね。

残念なことは汚れの付着だったり軟質角の曲がり(こちらはお湯につければ
直るので問題はありません)だったりと製品の管理状態が甘くなっている
と思われる点が多々あること。
写真では目立ちませんが、私のユニコーンは右足の甲部分に明らかに塗装を失敗したのに、
ペンでゴシゴシと適当に直して隠そうとした跡がありました。


P1150215.jpg
<付属品一覧>

・本体
・ビームマグナム
・ビームサーベル(ビーム刃・柄×2)
・シールド(接続用ジョイント有)
・交換用ブレードアンテナ(硬質)
・交換用手首(左右武器持ち手×2種類、左右平手)

武装類は必要最低限と言ったところ。
足りない武装は2月のデストロイモードを待ちましょう。
…でも正直この値段ならバズーカorマグナムカートリッジは
付けても罰は当たらんと思うのですよ。

これまでの武器保持用手首はライフルもサーベルも兼用でしたが
今回ようやく武器持ち手がライフル用、サーベル用と分かれて付属。
一年かかってMIAスタイルに戻った印象ですね(笑)


P1150220.jpg
<EMIAガンダム及びνガンダムとの比較>

設定では
・ガンダム→18m
・ユニコーン→19.7m
・νガンダム→22m

となっています。
サイズで言うとガンダムがちょいと小さいと感じますね。


P1150226.jpg P1150228.jpg P1150229.jpg
<頭部>

首は頭部・胴体側でそれぞれ可動。
前述の通り角の角度が好みではありませんがよく出来ていると思います。


P1150230.jpg P1150233.jpg P1150234.jpg

P1150237.jpg P1150240.jpg
<腕部>

胴体との接続部で引き出し可動になっており、これによって
前方向への可動域が向上しています。
上腕で横ロール。肘は2重関節。
腕は水平よりやや上まで。
残念なことにビームトンファーギミックはオミット。
※設定上ユニコーンモードでは展開できなくなっていることを後になって知りました。
手首に関しては前述の通り。
ただ、平手はもうちょい迫力ある方がいいですよね。


P1150249.jpg P1150244.jpg

P1150247.jpg P1150245.jpg
<胴体>

胸部・腹部・腰部の3パーツ構成。
胸部と腹部の接続にはクロスボーンと同じような機構が採用
されているので前後によく動きます。


P1150250.jpg P1150252.jpg P1150254.jpg

P1150255.jpg P1150258.jpg
<脚部>

足付け根は横ロール可動。
膝は二重関節で引き出し式。引き出すことで可動範囲が拡大します。
足首の縦方向への可動がえらいことになっています。


P1150271.jpg P1150274.jpg P1150280.jpg
<ビームマグナム>

マガジンは取り外し不可。フォアグリップ可動。
リアアーマーに装着できます。
造形的にはもうちょっと大きくてもよかったかも。


P1150241.jpg P1150242.jpg
<ビームサーベル>

どうやら2010年の映像化作品ではビームサーベルが白に青を足したような
淡い色のビームサーベルになるとかで、それに合わせてロボ魂の
ビームサーベルも透明色(+ラメ入り)という仕様に…
是非を問われると私はこれは否ですね。
だって小説版ではピンクなんですもん(^^;)
それにこの後の時代のMSが使用するビームサーベルも伝統的な
ピンク色じゃないですか。
しかも真っ白な機体に透明のサーベルってすっごく目立たない(苦笑)
映像化で青になるというなら透明じゃなくて青でいいじゃないですか(^^;)

デストロイモードではぜひピンク(or青)にして欲しいと思います。


P1150263.jpg P1150264.jpg P1150268.jpg

P1150265.jpg P1150269.jpg P1150270.jpg
<シールド>

展開ギミックあり。
専用の接続ジョイントを使うことで腕部とランドセルにそれぞれ装備可能。


P1150219.jpg

P1150222.jpg

P1150213.jpg

P1150302.jpg

P1150276.jpg

P1150286.jpg

P1150277.jpg

P1150283.jpg

P1150282.jpg

P1150284.jpg

P1150285.jpg

P1150287.jpg

P1150301.jpg

P1150298.jpg

P1150289.jpg

P1150291.jpg

P1150293.jpg

P1150296.jpg

P1150305.jpg
<アクション!>

手にあたる部分はほぼ塩ビで、その重さや手触りが心地よく、
広い可動域のおかげでポーズ付けも楽しいです。
プロポーションや可動、素材の使い方はMIAの進化形として納得できるものですが、
付属品の少なさと価格、ビームサーベルの色が微妙に納得できないといったところです。

ともあれ背負い物のないシンプルな機体フォルムは動かしていてとても楽しいので、
早いとこ袖付き、連邦側と機体を充実させて欲しいものです。
個人的にはデルタプラスのアナウンスを今か今かと待っているのですが…


P1150306.jpg

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gundamserow.blog90.fc2.com/tb.php/509-4eba1af6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。