07 | 2017/08 | 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロボ魂 【XM-X2ex クロスボーンガンダムX-2改】  



P1130570.jpg

本日の玩具レビューはロボ魂の【クロスボーンX-2改】です。

なお、クロスボーンX-1の一部パーツ変更ものですので、基本的な
本体の可動に関しては以前レビューした【クロスボーンX-1】ご参照下さい。


P1130634.jpg
<商品パッケージ>



P1130519.jpg

P1130520.jpg
<クロスボーンX-2改本体>

クロスボーンX-1同様のプロポーションですが背面の特徴的なスラスターが
形状変更されており、カラーリングと相まって違う機体のようにも見えます。
個人的にはクロスボーンはX-1が一番好きなのですが、
ロボ魂での出来で言うとX-2改の方が格好よく見えます。


P1130516.jpg
<付属品一覧>

・クロスボーンX-2改本体
・バスターガン×1
・ビームザンパー(柄・ビーム刃)×1
・ビームサーベル(柄・ビーム刃)×1
・ヒートダガー×1
・ブランドマーカービームエフェクト×1
・ABCマント×1
・交換用手首(左右武器持ち手、左右平手)
・交換用頭部(フェイスオープン)
・バスターランチャー
・ビームシールドエフェクトパーツ
・ショットランサー

付属品はX-1と同様の武装に加え、新規のバスターランチャー、
ショットランサー、ビームシールドが付属。
X-1の物と合わせてダガーやビームサーベルをようやく両手で持てると
思っていたのですが、柄部分の色が白から黒に変更されているので無理でしたorz
まぁ…当然だよね…


P1130530.jpg

P1130524.jpg P1130527.jpg P1130523.jpg

P1130526.jpg P1130528.jpg P1130529.jpg

P1130521.jpg
<X-1との比較>

クロスボーンX-1とは

・カラーリング
・背部スラスターの形状
・頭部ブレードアンテナの形状
・リアアーマーの形状

が異なります。
また、フェイスオープン時の口に相当する部分は黄色から赤色へ変更。
なぜかX-2改の方がちょっと大きく見えるのは気のせいでしょうか?


P1130532.jpg P1130534.jpg
<バスターランチャー>

硬質パーツで出来ているのでデカイ割にはかなり軽いです。
グリップが二か所あるので両手持ち可能。
 

P1130548.jpg P1130549.jpg P1130550.jpg
<ショットランサー>

個人的に大好きなショットランサー!
なかなかボリュームが迫力もあり、きちんと伸縮ギミックも搭載!
ただ、ランス先端部分が塩ビで手に優しい仕様なのはありがたいのですが、
そのせいで重量が増してしまい、持ち手との相性もそれほどよくはないので
きちんと持たせるのは難しいです。


P1130531.jpg
<ビームシールドエフェクトパーツ>

ブラインドマーカー同様に前腕部のパーツに接続します。
接続部とエフェクトパーツはボールジョイント接続なので、
他の部分と干渉することもないかと思います。


P1130544.jpg

P1130558.jpg

P1130567.jpg

P1130538.jpg

P1130537.jpg

P1130568.jpg

P1130573.jpg

P1130579.jpg

P1130576.jpg

P1130581.jpg
「どうしたぁ、キンケドゥ?」

P1130585.jpg
「シュミレーションでは7対3で私の方が勝ってたぞ」

P1130586.jpg
「ちぃっ!」

P1130580.jpg

P1130589.jpg

P1130591.jpg

P1130594.jpg
「うぅぉぉぉぉぉぉぉ!」

P1130595.jpg
「ザビーネェェ!!」

P1130596.jpg

P1130597.jpg
「ぬぅぅぅぅぅん!!」


P1130603.jpg
「はっ!?」

P1130604.jpg
「今日も私の勝ちだな」

P1130614.jpg
「ぐぁぁぁああっぁぁぁぁぁ!」

P1130621.jpg
「さようなら…キンケドゥ……」

<アクション!>

原作より先にGジェネFでクロスボーンのストーリーを知った私としては、
X-2改最大の見せ場はゲーム中のこのムービーシーンなんですよね。
原作の独特の作風も好きですが、個人的にはGジェネのあの超絶的な
CGグラフィックと演出が好みです。
今見てもすごい魅力的ですよね、PS版GジェネのCGムービーは。
これまでほとんどのGジェネをやりましたが、個人的に最高傑作はやはりGジェネFです!
小説・マンガのみの作品も映像化されており、MSVなどMSの収録数も
多分これまでで最大ボリューム!
初代PSなのに本当に驚異的な作り込みでした。

話が脱線してきたので元に戻しますが、クロスボーンX2のリリースかと思いきや
よもや改の方で来るか!と意表を突いたラインナップで攻めてくるあたりは
さすがロボ魂といった感があります。

出来的にはX-1同様に文句なくカッコイイのですが、付属品が増えた分
お値段もだいぶ高くなっており、気軽に買ってみるかといかないのが…
正直、投げ売りされなかったら私も購入しなかったというのが本音(^^;)
出来はとても良好なのですが、どうにも敬遠されがちな感が否めない気がします。
個人的にはX-1よりも格好いいなぁと思いますがね。

V2ABに行ったりユニコーンに行ったりとだんだんと風呂敷を広げ始めましたが、
ぜひクロスボーンの機体ももうちょっと増やして欲しいところです。
まぁX-3、X-1改、フリントあたりなら可能としても木星帝国側の
MSは立体化無理でしょうねぇ(泣)


P1130633.jpg

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gundamserow.blog90.fc2.com/tb.php/468-05a5d430

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。