09 | 2017/10 | 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

S.I.C 【仮面ライダークウガ】 



P1110507.jpg

本日の玩具レビューは
S.I.Cの【クウガ(ライジングマイティ・アルティメット・グローイング)】です。
これを初めて見た時の衝撃といったらそりゃあもうルーズヴェルトの
棍棒外交みたいなガッツンとした衝撃ですたね。
言っている意味が分からない?私もです。
疲れているのかな…



P1110486.jpg
<商品パッケージ>



P1110522.jpg P1110487.jpg P1110533.jpg
<付属品一覧>

・クウガ本体(ライジングマイティ)
・交換用手首パーツ(左右平手)
・グローイングフォームパーツ
・アルティメットフォームパーツ


P1110489.jpg

P1110490.jpg
<ライジングマイティ>

S.I.C独自解釈によって本来の姿からかなりのイメージ変更がなされています。
正直これはクウガというよりグロンギ怪人と言っても納得。
でもHJで連載されていた小説ではそれほど違和感なくクウガって
感じだったのはやはりポージングのせいでしょうか。


P1110491.jpg P1110492.jpg P1110493.jpg

P1110494.jpg
<頭部>

頭部側と胴体側それぞれで可動。
頭部中央部の目周辺パーツは取り外し可能。
クラッシャーが展開します。
う~ん、まるでシンみたい(^^;)


P1110495.jpg P1110496.jpg
<腕部>

肩は全くと言っていいほど上がりません。
肘も単軸関節でこれまた微妙な可動範囲。


P1110500.jpg P1110498.jpg P1110499.jpg

P1110497.jpg
<胴体>

胸部・腹部・腰部の3パーツ構成。
商品のままだと胸部パーツの保持に難があり、すぐポロリするストレス仕様。
あまりのストレスにボールジョイントを埋め込んで保持力を向上
させる工作を行いました。


P1110501.jpg P1110502.jpg
<脚部>

これまたかなり制限された可動範囲に号泣です。


P1110509.jpg P1110512.jpg
<素体>

エイリアンですね、分かります。


P1110514.jpg

P1110515.jpg
<グローイングフォーム>

なかなか立体化される機会がない貴重なフォーム…かな?


P1110524.jpg

P1110525.jpg
<アルティメットフォーム>

3つの形態の中では一番違和感がないかと。


P1110517.jpg

P1110521.jpg

P1110518.jpg

P1110505.jpg

P1110504.jpg

P1110508.jpg

P1110526.jpg

P1110532.jpg

P1110527.jpg
<アクション!>

造形的にはその名に恥じぬアレンジッぷりでかなりかっこいい仕上がりだと思います。
ですが、今のSICに比べるとかなり可動が制限されているのが残念でなりません。

2ndverとか可動を見直した物が出てくれると嬉しいのですが…
あ、ミニサイズのSICで全フォームコンプリートとか!
…ダメ?


P1110529.jpg

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gundamserow.blog90.fc2.com/tb.php/417-4387d28a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。