10 | 2017/11 | 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未商品化MIAを作ろう!【ZGMF-600 ゲイツ(指揮官機)】① 



P1120001.jpg
『胴体の分割』


アサルトシュラウドのパーツ探しから解放されない中、
こっちの改修も始めちゃいました!(≧Д≦)ゞ
この浮気者!!

というか、見つからないという絶望感を味わってますので
気分を晴らすために手を動かし始めましたorz

とりあえず胴体をいつものごとく胸部・腹部・腰部の
3パーツ構成にするべく、パーツをカット。


P1120010.jpg
『肩の上下スイング化』

胸部の腕部接続部分もいつもの上下スイング化工作。
ただ、今回は肩に出っ張りのあるデザインなので、
いったん画像のようにパーツを分割する必要があります
(正確に言うとここまでバラしたのはSCMザクなどに使われた
胸部脇のスライドギミックを再現しようとしたため。途中で諦めたので
こうなっちゃいました(^^;))。

また、ジョイントは垂直にするのではなく、やや角度をつけてみました。
こうすれば斜めへの可動も、垂直にした場合に比べてより自然な
ラインに見えるのではないかという浅はかな考えです(^^;)
ジョイント下にキラリと見えるのは真鍮線。
パーツを再接着する際に強度が不安だったので、補強してあります。


P1120011.jpg
『右:改修前 左:改修後』

可動域の拡大はご覧の通り。
水平近くまで上がるようになりました。
肩アーマーをつけると若干可動域は狭くなりますが、ここまで上がればOK。


P1120012.jpg
『腰部中央部の小型化』

フロントの中央部がやたらとデカイと感じたので小型化しました。
設定だとMIAのままでいいのですが、劇中ではここがだいぶ小さく描かれているのです。
下部分の段差は工作の際に切り出したパーツを加工して再利用。


P1120009.jpg
『頭部の分割』

これはまだ加工前の画像です。
モノアイを市販のパーツを使って再現し、可動化する予定です。


P1120007.jpg
『シールド』

シールドはMIA特有のデカさを感じるので上部をカットし小型化する予定です。


というわけで、ゲイツ指揮官タイプを作っちゃおう計画始動!
今回の改修予定箇所を忘れないようにメモメモ。

頭部:モノアイの可動化とトサカの形状修正。
腕部:肩アーマーの大型化。
胴体:3パーツ構成と可動域拡大。
脚部:脛のボリュームアップ。
バックパック:取り付け位置の変更と可動域拡大。
ライフル:小型化。
シールド:小型化。

簡単ですが、今のところ上記の改修を予定しています。
さ、アサルトシュラウドのパーツ探しに戻らなきゃ…
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gundamserow.blog90.fc2.com/tb.php/416-d6b6bc32

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。