05 | 2017/06 | 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルティメットアクション改修品 【SVMS-01E グラハム専用ユニオンフラッグカスタム】 



P1090468.jpg

2007年に制作したグラハム専用フラッグカスタムです。

1stシーズンの00はガンダム以外にも魅力的なMSが多数登場し、
その中でも一番のお気に入りがこのフラッグカスタムであります。
400円のガシャポンというかなりの高額で発売された
「アルティメットアクション(以下UA)」はガシャポンなのにフル可動と
個人的には素晴らしいもので(その値段設定ゆえに続投できなかったのでは?)、
00系からはエクシアとフラッグがラインナップされていました。

このフラッグをカスタムにできないか、ということで、
「Gフレクス00(以下GF)」のフラッグカスタムとの二個一で
制作を行いました(GFの方は可動に難ありのため)。

コンセプトは
【フラッグカスタムをガシャポンサイズでフル可動&飛行形態への変形を再現する】です。


P1090472.jpg
<付属品一覧>

・フラッグカスタム本体
・リニアライフル
・変形用のリニアライフル後部パーツ
・ディフェンスロッド

劇中で使用したサーベルと後期型ライフルはGFには付属していないので製作していません。
今後気が向けば、サーベルぐらいはプラ棒から自作したいと思います。


P1090475.jpg

P1090476.jpg
<フラッグカスタム本体>

どうでしょう?
親バカなので、かなりかっこいいフラッグカスタムに仕上がったと思うのですが(^^;)
基本的な四肢や胴体などはUAのフラッグから流用し、
頭部やバックパック基部(翼はUAのフラッグ)はGFから流用。
案外簡単に作れますよ。


P1090481.jpg P1090524.jpg P1090523.jpg
<頭部>

GFの頭部。
顎を引けるように削りましたが、それ以外は特に未改修。


P1090486.jpg
<腕部>

フラッグとカスタムは形状の違う肩アーマーをしているので、
UAフラッグのアーマーを削ってそれっぽくしました。


P1090492.jpg P1090493.jpg P1090500.jpg

P1090506.jpg P1090531.jpg
<胴体・バックパック>

胴体のメインはUAフラッグ。
腰部フロントアーマーやバックパックの形状が違うためGFから流用。
ただ、GFのバックパック主翼は塩ビ製でフニャッとしていたので
翼のみUAフラッグから流用しました。
変形のため腰部後ろのスラスターパーツは取り外し可能。


P1090510.jpg P1090513.jpg P1090515.jpg
<脚部>

UAフラッグのものなのですが、実は一番手がかかったところ。
塗装の最中に膝と足首の接続部分が割れたため市販の関節パーツを埋め込みました。
そのおかげで若干ながら頭身アップ。
……ABSめ!orz


P1090527.jpg P1090528.jpg
<リニアライフル&交換用パーツ>

リニアライフルはGFから。
飛行形態時用のライフル後部パーツはそのままでは本体に
接続できないので、接続パーツをUAフラッグから拝借。


P1090520.jpg P1090518.jpg
<ディフェンスロッド>

どちらのものを使ったのか忘れました!(爆)


P1090550.jpg P1090555.jpg P1090553.jpg
<飛行形態>

腰部後ろの翼部分とライフルの後部を差し替えて変形完了。
なお、腰部後ろのスラスターは取り外して四肢で上下から抑え込んでいるだけです。
プロポーションは破綻してないですよね?(汗)


P1010374.jpg
<塗装データ>

忘れました!(核爆)
基本的にスプレーでプシュッと…ってこれじゃ説明になっとらん(^^;)


P1090571.jpg P1090588.jpg
<サイズ比較>

同シリーズのエクシアとMIAバクゥとの比較。
足が少し長くなったのでエクシアよりでかくなりました。


P1090541.jpg

P1090539.jpg

P1090548.jpg

P1090533.jpg

P1010373.jpg
※この画像のエクシアはスペシャルクリエイティブモデルです。

P1090572.jpg

P1090577.jpg

P1090564.jpg

P1090558.jpg

P1090554.jpg
<アクション!>

このサイズの玩具の改造って初めてだったのでかなり粗っぽいところもありますが
個人的には満足。ガンプラみたいに大きいものじゃないし、ガシャポンってことも
考えれば許容範囲内かな、と。素材もやっぱり重要。
GFのパーツが塩ビ主体でなかったら、絶対手を出していません。
ABSはやっぱり改造派には辛いものがありますよ。

最後にUAという商品について個人的な感想を。
このシリーズ、実はこの第1弾でこけちゃったみたいで続編はありません。
コストがかかりすぎたのか出来が不評だったのかは定かではありませんが、
個人的に一番の問題は価格の設定だったのではないかと思います。
ガチャポンのメインターゲットって小さな子供だと思うのですよ。
そのメインターゲット層に対して1回400円出せというのは、
あまりに無茶な要求じゃないかと。
逆にこの商品がお金を持っている年代をターゲットとして
いたとなるとバンダイは分かっていないなと思わざるを得ません。
いくらよく動くからといっても所詮はガチャポン
(語弊のある言い方ですいません)。
それならば倍以上の金を出しても出来の良いガンプラ他の商品を買うってものです。
これは他の商品に対しても言えますよね。
所詮は玩具。
どこまでいっても趣味の域を出ないものなのですから高額すぎるものは売れんのです。
20代・30代をターゲット層にするなら、逆に1体当たりの単価を抑えんといけないと思うのですよ。
みんな金なんか嫁に握られてるんだ!(泣)

最近の玩具の値段は正直ガッカリするような設定ばかりなので、
もうちょっと消費者の懐に優しい親切価格でお願いしますぜ。


P1090568.jpg

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gundamserow.blog90.fc2.com/tb.php/333-c4336525

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。