09 | 2017/10 | 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロボ魂 【GN-007 アリオスガンダム】&【GNR-101A GNアーチャー】 



P1070115.jpg

本日の玩具レビューはロボ魂の【アリオスガンダム】と【GNアーチャー】です。
クウガやSDXの出来があまりによかったために先に買ったこの2つは
レビューが後回しとなってしまいました(^^;)
劇中でもあまり活躍の場を与えられなかった機体だけにどこまで不遇なのか!(爆)

レビューはアリオス→アーチャーの順番でお届けします。



P1070001.jpg
<商品パッケージ>



P1070004.jpg
<付属品一覧>

・アリオス本体
・GNツインビームライフル
・GNビームサーベル(柄・ビーム刃×1)
・交換用手首パーツ(左右武器持ち手)

ひどくあっさりした内容ですが、ロボ魂ラインナップ第2弾だし
放映初期のため仕方ないでしょうね(最大限に考慮して)。
ビームサーベルが1セットしかないためもの足りなさを感じますが、
アーチャーの方にも1セット入っているので2体合わせると2振り揃います。
交換用手首は武器持ち手のみ。
きっと今発売されていたら平手も付いていたんだろうなぁ。


P1070006.jpg

P1070007.jpg
<アリオス本体>

立ち姿だけだとけっこういい感じですがいざポージングさせるとなると
さぁ大変って可動範囲で号泣ものです。
各部の塗装精度は良好。


P1070008.jpg P1070009.jpg P1070010.jpg
<頭部>

ぱっと見た感じはとても良好ですが、よぅくフェイス部を見ると
なんか違和感を覚える造形です。
アンテナの短さと顎の赤い部分がでかいこと、眼の部分が見る角度によって
デカすぎることが原因かと。
見上げるのは得意ですがパーツ同士の干渉からかアゴがあまり引けません。


P1070014.jpg P1070015.jpg P1070019.jpg

P1070012.jpg P1070034.jpg
画像右:腕はここから上げられません…
<腕部>

腕は水平まで上げられ、そこから先は肩アーマーごと上がります。
上下への可動範囲は変形機構のためにかなり広くとられていますが、
前後への振りは胸部パーツと干渉してしまうためにかなり狭いものがあります。
「前倣え」が限界orz
腕の装甲がスライドして内部のマシンガンが展開。
交換用手首は武器持ち手のみ。


P1070023.jpg P1070021.jpg P1070022.jpg
<胴体>

腹部・腰部の2パーツ構成。
胸部中央部が可動し、それに合わせて首も動くようになっています。
腹部はちょっと変な位置で可動しますね。
腰部中央部にはGNドライブが搭載。
フロントアーマーは左右が独立可動しますが強度に不安があるので、
遊ぶ際には注意が必要かも。
腰部の色々なパーツがポロリしたり無駄に動くのでものすっごいストレス!


P1070025.jpg P1070032.jpg P1070028.jpg
<脚部>

変形のため、足付け根には回転軸があります。
膝の可動域は最低限つけましたという印象です。
脛にあるウイング部分はスライドします。これも変形のための機構ですね。
足首はつま先が動きますが、可動のためにぶっ刺した軸が丸見え。
個人的にはまったく気にならないですが(^^;)


P1070029.jpg P1070030.jpg
<GNツインビームライフル>

銃身下部が可動します。


P1070031.jpg
<GNビームサーベル>

前述の通り、柄・ビーム刃は1つずつ付属。
造形に関しては特に何も言うことがありませんが本体への収納ギミックはなし。
やっぱり収納はできた方がよかったなぁと思います。


P1070049.jpg P1070050.jpg P1070051.jpg

P1070052.jpg P1070053.jpg P1070057.jpg
<変形>

とてもかっちりとした変形形態。
各部に変形後のパーツを保持するためのつまみがあったりするので
しっかりパーツを固定してくれますが脚部は付け根で動いてしまいます。
股間部分のアンテナ(?)が若干外れやすいのがかなり難点…
ライフルは手首に持たせて装備。
機首のクローは展開可能です。

続いてアーチャーさ~ん!(´∀`)



P1070002.jpg
<商品パッケージ>



P1070058.jpg
<付属品一覧>

・GNアーチャー本体
・GNビームライフル×2
・GNビームサーベル(柄・ビーム刃×1)
・アリオスとの合体パーツ

アリオスの時はあれほど欲しかった平手ですが、劇中では常に二丁拳銃で
戦っていたイメージが強いので平手が付かないことに対する不満はなし。
個人的には劇中でアリオスが披露した2丁拳銃再現のために
アリオスのライフルが付属していたら言うこと無しなのですが
それはさすがに高望みですね(^^;)
ビームサーベルは1セットしかありませんが彼氏のアリオスに1セット入っているので
2体とも買いなさいということです。


P1070060.jpg

P1070061.jpg
<GNアーチャー本体>

劇中ではソーマ・ピーリス/マリーの登場機体としてアリオスより見せ場が
多かったような気がしないでもないアーチャーさん。
その丸っこいデザインやら頭部の意匠やらが無機質なMSという兵器に
キャラクター性の付加をしているように感じるところがこれまた面白い
デザインだな~とか思ってしまいます。

設定通りアリオスなど他の機体より小柄に作られています。
各部の塗装精度は良好ですがものによってはバイザー部分の塗装が
汚いのもあるので店頭でチェックは必要です。


P1070065.jpg P1070067.jpg P1070068.jpg

P1070063.jpg
<頭部>

チャームポイントのポニーテールは可動します。
首は頭部・胴体側それぞれで可動。
内部のガンダムフェイスもしっかり再現されています。
バイザーに隠れてやや見えにくいですが(^^;)


P1070070.jpg P1070071.jpg
<腕部>

上腕横ロール。肘は二重関節。
腕は水平まで上げられます。
可動範囲は並と言ったところでしょうか。
交換用手首は付属しません。


P1070072.jpg P1070073.jpg P1070074.jpg

P1070080.jpg P1070081.jpg
<胴体>

胸部・腹部・腰部の3パーツ構成。
前後への振りは良好ですが左右への振りは微妙。
腹部の捻りにいたっては不可能とかなり可動に制限がかかります。
背面の左右バインダーと変形時の機首はけっこう動きます。


P1070076.jpg P1070077.jpg P1070079.jpg
<脚部>

膝は二重関節でよく動きます。
脛にあるウイング部分は若干ながら左右に動かすこともできます。
足首は変形のために全体が動きます。


P1070083.jpg P1070082.jpg
<GNビームライフル×2&GNビームサーベル>

ライフルはとても薄いです。
前述の通り、柄・ビーム刃は1つずつ付属。
アリオスの時同様、本体への収納ギミックは欲しいところ。


P1070095.jpg P1070094.jpg
<変形>

脚部を折り曲げて機首を起こし、左右のバインダーを真ん中から展開して
本体を覆うように広げれば変形完了!
後ろにビームライフル向けてどうするんだという声が聞こえてきそうですが
支援機という設定ならOK…なのか?(^^;)
ちなみにライフルは前にも向けられます。
下から見てはだめなのはお約束。
でもキュリオス、アリオスに比べるとなんか可愛い(*´д`*)


P1070100.jpg
<アーチャーアリオス>

うちには魂ステージなんて高価なスタンドが
ないので安定感が悪い…orz
うちの撮影ブースぎりぎりの長さ(^^;)


P1070035.jpg

P1070038.jpg

P1070039.jpg

P1070040.jpg

P1070046.jpg

P1070044.jpg

P1070052.jpg

P1070053.jpg

P1070085.jpg

P1070087.jpg

P1070091.jpg

P1070092.jpg

P1070103.jpg

P1070112.jpg
<アクション!>

正直アリオスにはかなりのガッカリ感を覚えます。
可動の狭さやパーツのポロリなど精神衛生上かなりよくない1体。
それに比べ、胴体の可動に難があるものの全体的な出来は
無難にまとまっているアーチャーさんは良好です。
HCM-proはMS形態に変形できないのでMS形態のアーチャーさんと
遊ぶなら財布と相談してHGかロボ魂かを選択するって感じですかね?
逆にアリオスはHGかHCM-proを買った方がいいかと。
同じサイズで2体とも遊びたいとなるとHGが一番無難かと思います。


P1070113.jpg

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gundamserow.blog90.fc2.com/tb.php/296-59e117a7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。