05 | 2017/06 | 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機動戦士ガンダム002ndシーズン 第23話『命の華』 


・リジェネによって撃たれたリボンズは影武者(?)だったー!で始まった
機動戦士ガンダム00第23話。そのリジェネもサーシェスによって撃たれ、
リボンズは最終決戦の準備へと向かう…

00毎回おなじみの『今週のびっくりドッキリメカ』も惜しげもなく登場し、
最終話に向け、話はさらに加速していきます!
というわけで興奮冷めやらぬうちに、この迸る熱いパトスを
ぶちまけますぜ!

【Aパート】
・C.B・連邦・カタロン艦隊による挟撃によって崩壊していくアロウズ艦隊。
トレミーは中央の艦隊に攻撃を集中攻撃することによって戦線を
突破しようと画策する。アロウズを断罪するためにC.Bを利用したに過ぎず、
決着がつけば次はお前たちだ言うマネキン大佐。
しかし、後方より放たれた巨大なビームが
アロウズ・C.B関係なくすべてを飲み込んでいく…

・巨大ビーム兵器による圧倒的な破壊力に愕然とするC.Bメンバー。
トレミーへの損傷は軽度のものであったが、これによってついに
アロウズ艦隊が撤退。そして姿を現すイノベイターの本拠地である
コロニー型外宇宙航行母艦『ソレスタルビーイング』。
リボンズは言う。
イオリア・シュヘンベルグは来るべき未知なる種との遭遇と対話のために
GNドライブ、ヴェーダ、イノベイターそして人類を滅亡から救うための
方舟たる『ソレスタルビーイング』を用意したのだと。
敵本拠地に向け、ヴェーダを奪還するために進むC.Bメンバー。
これまでの自分たちの行いで変わった世界に対する贖いと
イノベイターによって歪められた世界を再び変えるために…

【Bパート】
・『ソレスタルビーイング』表面に備えられた無数の砲台が
ビームを吐き出す中、突破口を切り開くために突き進むガンダム各機。
追加武装によって強化されたこともあり、苦戦を強いられながらも
砲台を潰していくガンダムの活躍を静観するリボンズに対し、
出撃を催促するヒリング。
「君たちはとっておきだ」というリボンズの不敵な笑みを受けるかのように、
『ソレスタルビーイング』から大量に発進する新型MS『ガガ』部隊。
その正体はMSサイズによる特攻兵器であった。
大量の『ガガ』がトランザムを発動し、トレミーの右舷へと攻撃を加える。
カタロン艦隊がその盾となるべく割って入るが、圧倒的物量の前にあえなく撃沈。
加勢する連邦・カタロン艦隊であったが、そこにもガガの魔の手が伸びる。
「俺の大佐に手を出すなー!」
激昂するコーラサワーのGN-XⅢがガガを貫くも、後続のガガがなおも迫る。
それらを精いっぱいに受け止め、愛する女を守ろうとするコーラサワー。
「大好きです、カティ」
GN-XⅢの中でほほ笑むコーラサワーの笑顔を残し、
その機体は無情にもガガによって爆散するのだった。

・ついにソレスタルビーイングに取りついたトレミー。
そこに待ち構えていた無数のオートマトンと追撃する『ガガ』部隊により
身動きの取れないトレミーの援護に回るアーチャーアリオスとOガンダム。
00、セラヴィー、ケルディムは、それぞれ単機で内部への侵入を試みるが、
ルイスのレグナント、ヒリングのガデッザ、サーシェスの
アルケーガンダムが立ち塞がる。
隔壁を突破され、トレミー内部へ侵入を開始したオートマトン迎撃のために
銃をとるスメラギであったが、そこに現れたのはオートマトンを従えた
ビリーであった。ビリーの向けた銃口はゆっくりと、
そして確実にスメラギを捉え…
ついにヴェーダの位置を捉え、その情報はガンダムへも伝えられるが、
苦戦を強いられるガンダムたち。
アルケーによって足と頭部を破壊されるケルディム。
ガガに飲み込まれるGNアーチャー。
ガデッサによって撃墜されるセラヴィー。
ファングを薙ぎ払い、肉薄する00に対し
「お前たちは世界を乱す悪だ!」と言い放つルイス。それに対し、
「解り合うことで未来を築くんだ」と沙慈は言う。
互いの想いはどこへ向かうのか…

【Cパート】
・セラヴィーを撃墜し、ルイスのもとへと駆けつけようとするヒリングは
セラフィムのコックピットが開いていることに気づく。
人類は滅びか進化かを試されていると豪語するリボンズ。
「だがそれを決めるのは貴様ではない!」
振り返るリボンズのその視線の先には、鋭い眼差しのティエリアが
静かに銃口を構えていた。


というわけで、今回は瓦解したアロウズ艦隊を駆逐しながら登場した
イノベイターとトレミー組が矛を交えます。

○今週のびっくりドッキリメカ~♪
特攻型MS(?)『ガガ』!
イノベイターという特性を最大限に活かした兵器でしょうが、
第2次大戦の『回天』を連想したのはきっと自分だけではないでしょう。
しかしどれだけいるのだと(^^;)
一斉の「トランザム!」にはさすがに吹いた!

○アリオス迎撃行動に移る!
攻城戦ということもあり今まであまり活躍の機会がなかった
アリオスにも出番が回ってきたのはいいことですね。
ガガに巻き込まれたマリィも心配ですが、
来週の彼女の涙が意味するものは果たしていったい!?

○ビリーの想いがトレミーを貫通♪
なんと最後の最後でカタギリがキターーー(°∀°)ーーー!
ガガ開発に専念したためにこれまで出番がなかったのか!
トレミー内部にいつの間にか侵入しているあたり、
どこまでしつこいんだ、この「Gガンのストーリーテラーめ!」と
叫びたくなりますね。分かりづらいネタですかね?(^^;)

○お前の笑顔に狙い撃たれたぜ!
今回一番の驚きはコーラサワー戦死orz
「不死身のコーラサワー」のことだから最終話あたりに
ひょっこり顔を出しそうな気がしないでもないですが、
あの笑顔は反則や・゚・(ノД`)・゚・ついムウさんとダブって
見えてしまったぜ。まぁムウさんの方が断然男前ですが。

○刹那、覚醒す!
巨大ビーム砲の発射を予見し、
「来るぞ、禍々しい光が!」と言い放つ刹那。
純粋種としての覚醒という表現が劇中でなされていますが、
NTばりの言動はやはりGN粒子による共振なり
なんなりなのでしょうか?

○先読みイオリア!
対話と言いつつもしっかりと武装を用意しているあたりは
当たり前のことですが、それにしても要塞ともいえる
『ソレスタルビーイング』の過剰な武装にはうっとり。
疑似GNドライブを交換することによって即座に
2射目以降も行えるあたり、巨大ビーム砲の使い勝手も良さそうです。
それにしてもイオリアさん、どこまで先読みなのかw

ということで簡単にあらすじと雑感でお届けしましたが、
いよいよもってあと2回で『00 2ndシーズン』も終わりを迎えます。
とりあえず気になっているのは以下の通り。
ロックオンは兄貴の仇をとることができるのか?
ハレルヤとマリィの恋は実るのか?
ティエリアとリボンズ、人類の革新を見届けられるのは?
ビリーの想いはスメラギさんに届くのか(笑)
ルイスと沙慈は分かりあえるのか?
主人公として戦闘ばっかりじゃないよな、刹那!?

Mrブシドー、まだ間に合いますよ!!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gundamserow.blog90.fc2.com/tb.php/274-c0a5b91e

(アニメ感想) 機動戦士ガンダム00 2nd season 第23話 「命の華」

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 3 [DVD]クチコミを見る ☆<3/12更新>前回(第22話 「未来のために」)の感想をポットキャストにて収録! 「スメラギは戦術予報士ではない?」、「00に一番欠けているもの」、「きたるべき対話とは誰と行われるべきものなのか?...
  • [2009/03/16 00:51]
  • URL |
  • ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。