05 | 2017/06 | 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ZGMF-2000 グフイグナイテッド】 



P1040318.jpg

2008年制作のグフイグナイテッドです。
「超絶可動」でおなじみの「aババロアさん」が制作したグフイグナイテッドを参考とし、
コンセプトもそのまんま『aババロア可動の実践』です(^^;)
本家のaババロアさんのモノそのまんまというわけではなく、
若干の変更点がありますのであしからず。



P1040263.jpg
<付属品一覧>

・グフイグナイテッド本体
・テンペスト(ビームソード)×2(収納状態・展開状態各1)
・スレイヤーウィップ
・シールド
・交換用手首パーツ(左右武器持ち手×2種類、鞭持ち手)

基本的な付属品は製品版と同様です。


P1040266.jpg

P1040268.jpg
<グフイグナイテッド本体>

本家であるaババロアさんのものとの変更点は以下の通り。
・頭部モノアイレールをプラ棒で新造し、Hアイズを適度にカットして貼り付け。
・頭部と胴体との接続方法を変更し2重関節化。
・腕部ビームマシンガンの銃口をピンバイスで開口。
・腰部サイドアーマーの可動域の拡大。
・スレイヤーウィップ(鞭)の延長。
・腰部と脚部の接続部に市販のボールジョイントを使用

といったところでしょうか?
何分画像を見ながらの制作であったので、具体的にどう違うのか
明確でないという罠(^^;)

基本的なアウトライン・プロポーションを変更せずに可動域を拡大するという
作業のためあまり外観は変わりませんね。


P1040272.jpg P1040278.jpg P1040274.jpg

P1040273.jpg
<頭部>

前述の通り、頭部モノアイレール部分をプラ棒で新造し、
小さめのHアイズを適度な大きさにカットしてプラ板から新造した
レール部分に貼り付け。ちなみに可動はしません。
頭部と胴体との接続方法を変更し2重関節化したことにより、
見上げる・顎を引くなどはお手の物です。
見上げた時の画像を撮り忘れてましたorz


P1040281.jpg P1040280.jpg P1040282.jpg

P1040283.jpg
<腕部>

肩関節はいつものごとく上下スイングが可能になっています。
いつもですとここは接着してしまうのですが、グフイグの関節パーツの
形状が独特でしたので、接着せずに胴体に斜めに穴を開けることで
製品の前後スイング機能も活きています。
前腕部は横ロール可能。
腕部ビームマシンガンの銃口を一つ一つピンバイスで
開口しましたが、はっきり言って目立ちません(^^;)


P1040288.jpg P1040286.jpg P1040292.jpg
<胴体>

aババロアさんの真骨頂ともいえる可動域の拡大方法をまんまパクった改造です!
胸部・腹部・腰部の3パーツ構成にすることでかなりの可動域拡大が実現!
さらにすごいことは、この改造方法が市販のボールジョイント等を
使用しないでも可能であるという点です!
カッティングのみでこの可動を実現させる。
改めてaババロアさんの構成力には凄まじい物を感じます!
さすが!
プラス自分なりのアレンジとして、両足を開いたポージングを取らせるために
腰部サイドアーマーの胴体との接続部分をカッティングし、可動域を拡大しました。


P1040294.jpg P1040296.jpg P1040299.jpg
<脚部>

股関節に『関節技(中)』を仕込み、付け根部分で横ロールします。
足首もaババロアさんが投稿した画像とにらめっこながらカッティング。
それぞれのパーツはポリの接続パーツを介してドッキング。


P1010632.jpg
<分解図>

簡単な分解図です。
なお、塗装はガンダムカラーを使用した筆塗りです。
下地とほぼ同じため目立ちませんが、動かしたためにちょいとした塗装ハゲあり。


P1040311.jpg
<ウィップ>

スレイヤーウィップ(鞭)は製品版では長さが物足りん!
ってことで延長工作。
もう一体グフイグのウィップを持ってきて2つをくっつければ簡単に
済む工作なのですが、もったいないの精神が染みついているため
『グフイグのウィップ1つ+ウィップと同じ径のプラ棒』での延長工作を行いました。
丸っとしたプラ棒ですから、そりゃあもう地道にコツコツとウィップと同じ
ディティールをデザインナイフで刻んでいきましたよ…
何を血迷ったかイエロー→クリアオレンジで塗装したため、
だいぶ汚い色になってしまいました(泣)
時間がもったいないという人はグフイグ2体のウィップをくっつけると
5分ほどで済む工作です。


P1040262.jpg

P1010623.jpg

P1010625.jpg

P1010629.jpg

P1010635.jpg

P1040324.jpg

P1040313.jpg

P1040315.jpg

P1040316.jpg

P1040319.jpg

P1040321.jpg

P1010630.jpg
<アクション!>

aババロア可動の実践ということで、弄ってみると改めて
その構造の巧みさに感動を覚えます。
もともとのグフイグの出来の良さも相まって、さながら
主人公機のようなポージングも自由自在です。
こうした改造が難しいかもと思っている方にはウィップの延長工作をお薦めします。
製品版ではどうにも迫力不足に感じますので、2つ買ってきて
真鍮線でつないじゃいましょう。
これだけでも遊びの幅が広まるってもんです。


P1040330.jpg
<グフイグ中破!>

ちなみにこれの撮影中に股関節のポールジョイント部分が
真っ二つに折れましたorz
真鍮線の切れ目が関節の切れ目と言わんばかりにそりゃあもう
ポッキリとウワァァ-----。゚(゚´Д`゚)゚。-----ン!!!!


P1010640.jpg

スポンサーサイト

コメント

こっちのほうが断然かっこいいです。

こんばんわ。(^^)
又もや遅い時間に失礼いたします。

いやはやモノアイレールの新造やビームむち
の延長など、又上塗り塗装までしっかり仕上
っておられますし何より作品として最後まで
完成なされているので私くしごときは何とも
でござりまするです。

胸部・腹部・腰部>今だから話せる裏話ですが
実は日々本業に追われていて中々買出しに
いけない時期でして、いざ弄って遊ぼうとした
時に「どっ、あれっ?パーツがない(^^;)」
でも弄って遊びたいので何かいい方法はない
かな?というのが最初のきっかけでした。

グフイグは元々のキットもすごくよくできてて
なので余計にもっとこうしたら?という思いも
あられたのではと、なので弄ってみたいと思う
所が丁度同じようなポイントだったのでは
とも思います。

まったく一緒という訳ではありませんが、
又弄る方からすればある意味同じというのも
おもしろくないのかも知れません。
それをきっかけに何かのヒントみたいなものに
なりましたら幸いだと思っております。
大変光栄でございます。m(_ _)m
  • [2009/03/12 01:47]
  • URL |
  • ア・ババロア・クー
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

aババロアさん、コメントありがとうございます。

体調を崩してしまい、今日は仕事を休んじゃいました(^^;)
仕事・家事・勉強と忙しく、なかなか体が
ついて来てくれないのが辛いところですorz

>何より作品として最後まで完成~

完成できたのも、aババロアさんやこれまでMIAを
盛り上げるべく頑張ってきた先人達のおかげです。
股関節がポッキリいってしまったので、
もはや中破状態なのが悲しい限りですが・゚・(ノД`)・゚・

>弄って遊びたいので何かいい方法はないかな?

無いからどうするか、どうしたら動くかなど
やはり現状あるものでいかに遊ぶかですよね。
しかし、こうした可動方法を考え付くところが
さすがaババロアです。お仕事もお忙しいようですし、
ご無理をなさらぬようご自愛下さいね(^^)>
  • [2009/03/12 17:00]
  • URL |
  • セロー(管理人)
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gundamserow.blog90.fc2.com/tb.php/265-3bb8ac5a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。