07 | 2017/08 | 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未商品化MIAを作ろう!【GAT-X102 デュエルAS】⑧ 



P1050178.jpg
<AMIA版胸部パーツ>

現在改修中のアサルトシュラウド胸部パーツ。
以前のものよりさらに切削を行い、本体と密着できるように
してみました。やはり前後の厚みはあるものの、
けっこういい感じになってきています。
気になるのは左右の幅、でしょうか?


P1050180.jpg
<自作版胸部パーツ>

こちらは現在自作中の胸部パーツ。
製作途中で申し訳ない(^^;)
本体との整合性がないので、おもいっきりのけ反っていますが、
それはこれから直す予定です。パテの上の白いパーツはプラ板。
本当は塩ビ板で改修を進めたいところですが、プラ板の工作って
これまであまり経験がないので、試験的にプラ板を使ってみました。
正直な感想として、やりづらい!Σ(°□°;)
これまで塩ビ板と瞬間接着剤メインで工作をしていたので、
プラ同士をくっつける間の待ち時間やプラの形状を整えるのが
面倒で、どうにも塩ビの方が性に合っているようです。
胸部中央部はプラで、残りは塩ビに変更しようかしらん。

こうしてみると、前後厚が気になって自作したパーツも
結局厚みが出てきてしまっていますね(汗)
自作パーツの方も形をしっかりと出してからどちらを採用するか
決めたいと思います。
肩や腕部、バックパックの増加装甲は平面主体だから
本体に合わない場合は同様の工作で対処できますが、
問題は脚部ですね。しっかりとパーツを保持したまま
あの曲線と着脱ギミックをどうするか…
まぁその時に考えます(^^;)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gundamserow.blog90.fc2.com/tb.php/244-a81ca696

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。