09 | 2017/10 | 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロボ魂 【GN-008 セラヴィーガンダム】 



P1050159.jpg

本日の玩具レビューはロボ魂最新作の【セラヴィーガンダム】です。
ロボ魂最大ボリュームのデカブツの実力、見せてもらおうか!



P1050172.jpg
<商品パッケージ>



P1050050.jpg
<付属品一覧>

・セラヴィー本体
・セラフィム本体
・武装(バズーカ×2、ビームサーベル)
・手首交換用パーツ(セラヴィー用左右武器持ち手、
 セラフィム用武器持ち手×2)
・バックパック交換用パーツ(フェイスバースト展開状態)
・バックパック、脚部砲身パーツ×4

セラヴィー、セラフィムがセットになった商品のためお値段も2体分。
HGでは背面のフェイスバーストは差し替えなしで展開できるようですが、
遊びやすさを配慮してか、差し替えで再現されます。


P1050057.jpg

P1050058.jpg
<セラヴィー本体>

ごついセラヴィーのプロポーションをしっかりと再現。
各部の可動域もしっかりと確保されております。
 

P1050059.jpg P1050062.jpg P1050061.jpg
<頭部>

第1弾の00は何だったんだ!と、言いたくなるほどのいい出来です。
首側、胴体側の2ヵ所に可動軸が設けられているのでしっかり可動します。


P1050064.jpg P1050065.jpg
<腕部>

肩関節はEMIA同様の上下スイング方式。
肘の可動はこれまでのロボ魂00シリーズと同様。
交換用手首が武器持ち手のみと淋しいので、
せめて左手だけでも平手が欲しいところ。


P1050068.jpg P1050070.jpg
<胴体>

胴体、腰部の2パーツ構成。
腰部のサイドアーマーは、それぞれボールジョイントで独立可動。


P1050071.jpg P1050075.jpg P1050078.jpg
<脚部>

膝関節は2重関節のようですが単軸。
脚部のボリュームがすごいので動き辛そうですが、しっかりと動きます。
ただ、足首の可動がいまいちで接地性は良くありません。
膝前部分は2ヵ所で可動し、色々な動きをしてくれます。
パーツを差し替えることで隠し腕も再現可能。


P1050081.jpg P1050083.jpg P1050084.jpg

P1050085.jpg
<バックパック>

セラフィムが完全変形(さすがに手首は差し替えですが)!
フェイスバーストモードは差し替えで再現されます。
砲身部分の隠し腕を、手首を差し替えることで再現。
膝の隠し腕と合わせて、6本の腕が現れます。
ビームサーベルは2本しか付属しませんので、
ロボ魂00やアリオスから流用しましょう。
(うちには00しかいないので四刀流(^^;))


P1050089.jpg P1050091.jpg P1050090.jpg

P1050095.jpg P1050105.jpg
<GNバズーカⅡ>

ほぼ本体と同じデカさのバズーカが二丁付属。
バックパックの砲身部分に、セラフィムの手首接続用パーツを
流用することでドッキング可能。
二丁を連結させることもできます。


お次はセラフィムガンダム!

「自らの意思で、
あえてその姿を晒そう!」




P1050123.jpg P1050124.jpg P1050125.jpg

P1050128.jpg P1050129.jpg P1050133.jpg

P1050134.jpg
<変形プロセス>

①セラヴィーからバックパックが分離。
②脚部を展開。
③腕部を回転させ頭部を引き出し、手首を装着。

「セラフィムガンダム!」


P1050135.jpg

P1050136.jpg
<セラフィム本体>

忍者というか、ずいぶん細身な漆黒のボディ。
予想はつくかと思いますが、ディスプレイスタンドがないと、
ほぼ自立は不可能でございます。
明らかに自立できないと分かるのだから、
ディスプレイスタンドは付けるべきだよなぁ…


P1050139.jpg
<頭部>

設定準拠の頭部。
HCM-ProやHGではアレンジが効いており頭頂部のボリュームが増えていますので、
それに比べると少し潰れた印象を受けるかもしれません。


P1050137.jpg P1050138.jpg
<腕部>

肩の可動はばっちりですが、肘の可動はやや難あり。
肩アーマーのデザインから若干ですが、腕の可動と干渉します。
もう少し腕は長いほうがカッコよかったかな?


P1050143.jpg
<胴体>

胴体はセラヴィー同様、胴体と腰部の2パーツ構成。
軽快な動きが似合うセラフィムなので少しでも可動が欲しいところですが、
変形した時の強度も求めての結果なのでしょう。
のけ反り、前屈はできるようにしてほしいとういのが本音ですが、
変形の遊びを含めればやむなしでしょうか。


P1050144.jpg P1050146.jpg P1050145.jpg
<脚部>

変形ギミックの恩恵で、いらんとこまで動いてくれます。
接地性の悪さはデザイン上仕方ないか…


P1050167.jpg P1050149.jpg P1050150.jpg
<武装>

セラヴィーのものを持たせられる他、
ロックマンのロックバスターのような形態も再現可能。
ただ、バズーカはちょいと持たせづらいです。


P1050099.jpg

P1050100.jpg

P1050097.jpg

P1050106.jpg

P1050108.jpg

P1050109.jpg

P1050110.jpg

P1050120.jpg

P1050113.jpg

P1050112.jpg

P1050117.jpg

P1050101.jpg

P1050103.jpg

P1050102.jpg

P1050157.jpg

P1050156.jpg

P1050155.jpg

P1050153.jpg

P1050130.jpg

P1050165.jpg

P1050161.jpg
<アクション!>

本当に細かな不満が若干あるものの、プロポーション、可動、ギミック、
塗装精度、そのどれをとってもお薦めできる素晴らしい出来。
本当、00はなんだったんだと言いたいですな。
間違いなく今まで発売されたロボ魂ガンダム系の中では
一番いい出来だと思いますぜ!


P1050168.jpg

スポンサーサイト

コメント

セラヴィー購入されたんですね。
まさにロボ魂史上に残るであろう名作!
ロボ魂初期の名作として後世に語り継がれること請け合い!
言い過ぎですねそうですね。

セラフィムの腕、肘関節の上で申し訳程度に1mmほど引き出し機構が付いてますよ。
伸びたのかコレ?ってくらい伸びますw

にちむさん、コメントありがとうございます。

>ロボ魂初期の名作として~
これまでのロボ魂には正直ガッカリするところが
少なからずあったため、本当にようやく満足いくものが
発売してくれたのは喜ばしいことですよね。
この調子でいい商品をたくさん出して欲しいとは思います。
個人的にはMIAで(笑)

>セラフィムの腕、肘関節の上で~
本当に僅かばかりですが伸びますね(笑)
サイズ的にも小さめですし、プロポーションとギミックを
両立するのって難しいんですよね、きっと。
全体的な仕上がりがいいから、つい甘い見方を
してしまいます(^^;)
  • [2009/02/10 22:18]
  • URL |
  • セロー(管理人)
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gundamserow.blog90.fc2.com/tb.php/237-f48e366e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。