09 | 2017/10 | 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機動戦士ガンダムUC 第6巻 


ようやく現在まで刊行された「機動戦士ガンダムユニコーン」を全部読破致しました!
これでガンダムA2月号を読むことができる(*´д`*)

と思いきや本日、ガンダムA3月号発売!
Σ(°□°;)!?


またひと月遅れですか、そうですかorz
とりあえず、ちびちび読んでいたので記憶がとびとびですが、
10分で読む「機動戦士ガンダムUC 第6巻」ということで、
簡単なあらすじのご紹介をば。
第7巻の雑感はまた後日にでも(^^;)

機動戦士ガンダムUC (6)  重力の井戸の底で (角川コミックス・エース)機動戦士ガンダムUC (6)
重力の井戸の底で
(角川コミックス・エース)

(2008/10/25)
矢立 肇福井 晴敏

商品詳細を見る

首相官邸ラプラスの戦闘において傷つき、ネオジオンの偽装貨物船
「ガランシェール」と共に地球に降り立つバナージ。
これまでの戦闘において自分が殺めてしまった人たちに
思いを馳せ、自責の念から生きる気力を無くしてしまったバナージを
連れ、ガランシェールの船長・スベロア・ジンネマンは
砂漠に埋もれたガランシェールを掘り起こすために、
地球のネオジオン残党とコンタクトを取るべく歩いて砂漠を渡るのだった。
バナージがジンネマンとのやりとりの中で次第に「生きる」ことを取り戻す
一方、ビスト財団に囚われ、ニュータイプ研究所に送られたマリーダは
財団当主代行のマーサ・ビスト・カーバインの思惑から、
強化人間としての「再調整」を施されていた。

残党軍と接触を果たし、ガランシェールを掘り出したバナージたちは
「ラプラスプログラム」が示した次の座標である連邦の首都・ダカールに
おいてマハディ・ガーベイと会見し、「ユニコーン」を指定座標に
到達させる算段を話合う。
バナージはそこでマハディの娘であるロニとともに、現在の状況を
作り出す元ともなった「宇宙世紀憲章」の条文を目の当たりにした。

オードリーことミネバ・ザビを連れ、父であるローナン・マーセナスの
ところに身を寄せていたリディは、父から「ラプラスの箱」の中身について
知らされる。それは同時に、マーセナス家の宿業をも背負うことであり、
世界を変革できる力を持たないと感じた彼は次第に内側から変化していく。
ミネバを救うことのみを考える彼であったが、次第にミネバはそんな彼の
変化に疑念を抱くようになっていく。

「デルタプラス」を駆り、ミネバを救うために「箱」の鍵である「ユニコーン」を
奪取・あるいは破壊すべくブライト・ノアが司令を務める「ラー・カイラム」に
乗り込み、ガランシェールを捜索していたリディ一行のもとに連邦首都・ダカールが
襲撃されたという連絡が入り、現場に急行した彼らが見たのは、街を破壊し尽くし、
紅蓮の野を行く巨大なMA「シャンブロ」の禍々しい姿であった。

なんとかシャンブロの進路を市街地から離そうと奮戦するリディであったが、
レフレクター・ビットの前にビーム兵器を弾かれ、圧倒的な戦力差から
じわじわと追い詰められていく。
「やられる」
そう覚悟したその時、バナージの駆る「ユニコーン」が空より舞い降りた!

ジンネマンとマハディの作戦の結果、一般市民が戦禍に巻き込まれる
様子を見ていたバナージは「シャンブロ」を止めるために「ユニコーン」の
NT-Dを発動させ、リディと共に協力しながら「シャンブロ」と対峙する。
「シャンブロ」のコックピット内においてマハディの狂気の沙汰を問いただす
ロニであったが、積年の連邦に対する怨嗟から常軌を逸してしまった
マハディの凶弾に倒れてしまう。

ロニを失ったことでレフレクタービットの動きが鈍ったことに気付いた
バナージとリディは、巧みな連携攻撃によって、
ついに「シャンブロ」の撃破に成功するのであった。

戦闘終了も束の間、傷ついた2機の前に未確認の機影が迫る。
「漆黒の闇」ともいえるその機体は、獅子を思わせるブレードアンテナを持つ
「黒いユニコーン」であった。
機体から金色の光を漏らしながら圧倒的な機動力と膂力をもってして、
「デルタプラス」と「ユニコーン」を組み伏せるユニコーン2号機「バンシィ」。

薄れゆく意識の中、バナージはそこにマリーダの面影を見るのであった…

と、かなり大雑把ですが、あらすじ的にはこんな感じでしょうか?
今回の第6巻において「ラプラスの箱」の真相が
垣間見えた気がするのですが、果たして…
私個人の予想というか想像では、これまでのエピソードから
バナージとロニが見つめていた「宇宙世紀憲章」がものすごい
キーワードな気がします。

宇宙世紀の世界の在り方を束縛するこの憲章はラプラス事件の
直前に連邦政府初代首相であるリカルド・マーセナス以下主だった
構成国代表者によって掲げられたものということですが、実はこれが…
なんて思ってしまいます。
箱を手に入れたビスト財団の栄光も「世界を覆す力」というのも
得心がいくのですが、果たして「箱の中身」とは…

連載もラストに向けて加速している中、
どのようにして箱の秘密が明かされるのか、
その時、バナージは、ミネバは、リディはどう動くのか、
フル・フロンタルとの決着はどうなるのか、
これからもユニコーンから目が離せません!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gundamserow.blog90.fc2.com/tb.php/220-35f2e1bb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。