10 | 2017/11 | 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロボ魂 【GN-0000 00ガンダム】&【GNR-010 オーライザー】 





本日の玩具レビューはロボ魂の00ガンダムとオーライザーです。
本当はセットになっている方も買おうと思っていたのですが、
店頭であの小豆色の00とオーライザーを見て購買意欲をなくしました。
あの色合いでトランザムカラーはない、と思うのですが…
今回のレビューはかなりの愚痴満載なので、
ロボ魂が好きって人はご遠慮頂いたほうがいいと思います。


P1030858.jpg
<商品パッケージ>

まずは00ガンダムより。


P1030860.jpg
<付属品一覧>

・00ガンダム本体
・武装(GNソードⅡ×2、GNシールド、ビームサーベル)
・GNソードⅡ用のパーツ
・手首交換用パーツ(左右武器持ち手、左平手)


P1030862.jpg

P1030866.jpg
<00ガンダム本体>

基本的な構造や可動は以前レビューした「ケルディムガンダム」
ほぼ同じですので、そちらをご参照下さい。
プロポーション的には特に申し分ないとは思います。
ただ、アニメ準拠というか各部のディティールが非常にあっさりしているかな、
とも思えるところも。
もう少し独自解釈などの何かしらの追加点があれば
HGなどとの差別化もできると思うのですが…
不満点は2箇所。
・フェイスがパッケージに描かれている機体と同じなのかと疑いたくなる出来栄え。
・肩部に配置されているツインドライブ基部の可動がヒンジのため、
上下には動けるものの前後への振りが不可能。00単体で遊んでいるとそれほど
気になりませんが、オーライザーとドッキングした際の可動範囲の狭さと保持の強度に
かなりガッカリ感があります。


P1030868.jpg P1030872.jpg P1030870.jpg
<頭部>

この顔は別のガンダムのでは?と疑ってしまいます。
ロボ魂は原型作り、それを職人が手直ししてさらに機械で
微調整をかけるという3つの段階を踏まえて制作しているそうですが、
そのどれかで「これじゃないだろ?」って声が上がらなかったのか…


P1030873.jpg P1030885.jpg P1030875.jpg

P1030902.jpg P1030904.jpg P1030876.jpg
<腕部>

HGなどでは腕部の手首側が可動するので手首を腕と水平にできましたが、
そうしたギミックはありません。HGの出来がいいということもありますが、
「魂をもっているか?」とCMで問いかけるくらいなら、
ユーザーが弄っていて気になるであろうという部分を予測し、
対処を行うべきだと思います。
現にHGではきちんとやってくれてますから。


P1030883.jpg P1030880.jpg P1030882.jpg

P1030879.jpg P1030878.jpg P1030877.jpg
<胴体>

胸部左右に設けられたアンテナパーツがなぜか垂直に。
ポーズをとる際もアンテナのせいで顔が隠れてしまうということがあります。
GNドライブの可動に関しては前述の通りです。


P1030888.jpg P1030891.jpg P1030892.jpg
<脚部>

HGやHCM-pro同様の稼動範囲を保持しています。
フロントアーマー部が根こそぎ別パーツなので、
動かしていると取れることもありますが、さほど気にはならず。
不満だらけのロボ魂00の中で唯一不満がない部分です。


P1030909.jpg P1030910.jpg P1030903.jpg

P1030895.jpg P1030899.jpg P1040046.jpg
<GNソードⅡ・ビームサーベル・GNシールド>

GNソードⅡの方は持ち手部分が数種類用意されています。
ビームサーベルの柄は腰部背面に装備可能。
設定どおりに横にスイングします。ビーム刃は二本付属。
GNシールドは若干ながらスライドギミックを内臓。
GNドライブと腕部に装着できます。


P1030905.jpg

P1030914.jpg

P1040029.jpg

P1040031.jpg

P1040016.jpg

P1040025.jpg

P1040024.jpg

P1040017.jpg

P1040009.jpg

P1040033.jpg
<アクション!>




P1030857.jpg
<商品パッケージ>

続いてオーライザーです。


P1030918.jpg
<付属品一覧>

・オーライザー本体
・ディスプレイスタンド
・GNソードⅡ用パーツ(ソード刀身部、ビーム刃×2)


P1030920.jpg

P1030923.jpg P1030924.jpg

P1030927.jpg
<オーライザー本体>

かなりかっこいい出来栄えです。
00の時には違い、不満箇所は見当たりません。
00との合体とのためサイドのバインダーなど各部が可動します。
戦闘機の玩具を持っていないので、弄っていてかなり新鮮でした。


P1030928.jpg P1030930.jpg P1030935.jpg
<00とのドッキング>

ドッキングの方式は劇中と同じような形で行うことができます。
オーライザー本体を折り曲げることで現れる接続部分を00の背中の穴と接続。
サイドバインダー部分を取り外し、00のGNドライブに装着してドッキング完了!
上半身のボリュームがえらいことになります。
前述の通り、00のGNドライブ部分にオーライザーのパーツをつけることで
自重に負けてポーズを保持できなることと前後への振りが出来ないことによる
ポーズの制約が不満点。
前後への振りが可能な新規のGNドライブを付属品としてつけるなりなんなりの
改善を図ってほしかったというのが本音です。


P1040031.jpg
<ディスプレイスタンド>

オーライザーだけでなく、接続部分を変えることで00も飾れます。
飛んでばかりのイメージが強い機体だけにうれしい配慮です。


P1030964.jpg P1030965.jpg
<GNソードⅡ用のパーツ>

00に付属のソード刀身部と差し替えることで、ビーム刃発振状態を再現可能。
00&オーライザーセット版に比べると短いですが、
弄る分にはこれぐらいがちょうどいいです。


P1040033.jpg

P1030932.jpg

P1030937.jpg

P1030945.jpg

P1030951.jpg

P1030953.jpg

P1030957.jpg

P1030967.jpg

P1030970.jpg

P1030974.jpg

P1030979.jpg

P1030988.jpg

P1030990.jpg
<アクション!>

00の出来は不満たらたらでしたが、逆にオーライザー自体は
かなりのいい出来栄えです。
ドッキングすることで色々と遊べることも事実。
唯一気になったのが価格。
もうどうしようもないのでしょうが、オーライザー単品でほぼMIA一体分とは…
とほほ(泣)
総評としては、この内容ならば正直HGとの差別化ができていないと感じました。
また、組み立て済みの商品としての出来でいえばHCM-proに軍配を上げざるを得ません。
両者とのディティールやラインナップでの差別化を図らなければ、
この値段帯で続けることも難しいのではないかと勝手に心配しています。
不満ばっかり書きましたが、それもこれもロボ魂に頑張って欲しいという気持ちからです。
MIAをお休みしてまで始めた作品群ですから、応援はしています。頑張れ!ロボ魂!!
それ以上にMIAに帰ってきてほしいと切に願っていますが(^^;)
00系の充実が現在の目標のようで、今後もロボ魂のガンダムは00ばかりですが、
放映終了後はどうするつもりなのか…
ターンXの発売は決まっているので、ターンA祭りになったりしたら個人的には大歓迎です
(売れるかどうかは別として(^^;))でも、ターンAも絶対面白い作品であると
思うのですけどね)。UC系は正直MIAで展開してほしいっス。


P1030997.jpg

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gundamserow.blog90.fc2.com/tb.php/204-308cb16b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。