08 | 2017/09 | 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロボ魂 【GN-006 ケルディムガンダム】 



P1020926.jpg

本日の玩具レビューはロボ魂最新作のケルディムガンダム。
2代目ロックオンことライル・ディランディの駆る愛機の登場です。
2ndシーズンのガンダムの中ではライバル機の不在から
まだそれほど印象のある戦闘を行っていない感じですが、
これからサーシェス相手にティエリアと共同戦線なんてことが
あるかもしれませんね。
それでは…

「狙い撃つぜぇ!」


P1020837.jpg
<商品パッケージ>



P1020847.jpg

P1020848.jpg
<本体>

プロポーション的にはうまくまとまっていると感じます。


P1020841.jpg
<付属品一覧>

・本体
・GNスナイパーライフルⅡ
・GNビームピストルⅡ×2
・交換用手首(左右武器持ち手)
・頭頂部交換パーツ(ガンカメラオープン状態)
・GNシールドビット×9
・肩部GNシールドビット接続パーツ×2
・GNシールドビット用ディスプレイスタンド
・フォロスクリーン

不満点は以下の3点のみです。
・交換用手首に平手がない
・本体各部に装備されるGNシールドビットがポロリしやすい。
・顔が…
特に三点目の不満が大きいです。
ABS製のようなので、MIAのように気軽に切削できません。
顔は人形の命、設定に準拠させて不細工に似せるなら
アレンジを入れてもっとかっこよくしてほしいと思うのですが…


P1020874.jpg P1020875.jpg

P1020853.jpg P1020854.jpg
<頭部>

マスク部の下側の幅がもう少しないと、もっとカッコよく見える気がするのですが…
ここいら辺は好みが分かれるところでしょうか。
頭頂部のパーツを差し替えてガンカメラオープンモードを再現。
ブレードアンテナは塩ビ製ですので折れる心配はありません。
※うちの子のアンテナには癖がついてますが今のところ放置。
 曲がりが気になる場合は以下のどちらかで対処できます。
  ①お湯につけて曲がりを修正する。
  ②アンテナ裏側に瞬間接着剤を塗る。
可動域に関しては二重関節でガシガシ動きます。


P1020859.jpg P1020860.jpg

P1020856.jpg P1020869.jpg
<腕部>

腕のみでほぼ水平まで上がり、肩の関節を使えばそこからさらに上がります。
肩アーマーは別パーツ化されており、腕と干渉する部分が動くことで
可動に支障をきたすことはありません。
肘は二重関節ではなく一軸のもの。
肩付け根の構造など珍しいなとも思いましたが、ロボ魂00ガンダムと同様でした。
GNシールドビットはデフォルトの左肩のみならず右肩にも装備可能。
また、接続用のパーツが一つよけいに用意されているので、
両肩にビットを装備させることもできます。
小さなことですが、こうしたことをしっかりとやってくれるのは好印象です。


P1020862.jpg P1020861.jpg

P1020876.jpg P1020877.jpg

P1020863.jpg P1020864.jpg P1020873.jpg

P1020865.jpg P1020866.jpg P1020867.jpg
<胴体>

胸部、腹部、腰部の3パーツ構造。
のけ反りはできるのですが、前屈が苦手です。
バックパックは基部で可動。結構左右に広がってくれます。
腰部後ろのGNビットを外すとGNドライブが現れます。
GNドライブは取り外し可能で、取り外した方がすっきりしていい感じです。
バックパックの一部が展開することでフォロスクリーンを再現。
場所が場所だけにやや取り付けにくいです。
胸部の装甲は可動可能。
腰部のフロントアーマー、サイドアーマーはボールジョイントで独立可動。
リアアーマーも若干ながら動かすことができます。


P1020879.jpg P1020881.jpg P1020880.jpg

P1020885.jpg P1020884.jpg
<脚部>

脚部付け根で横ロール可能。膝は二重関節で立ち膝もOK。
GNビットは取り外し可能なのですが、弄っていると外したくなくとも
パーツがポロリと取れることがよくあります。
左右の開脚は十分で接地性も良好。
デザイン上、足首は左右には開いてくれますが前後にはあまり可動せず。
踵のパーツが展開します。
狙撃時に使用するんでしたっけ?(^^;)


P1020888.jpg P1020889.jpg P1020891.jpg
<GNスナイパーライフルⅡ>

銃身を折りたたみ、連射性に優れた三連バルカンモードに変形。
HGと違い、銃身下部をスライドさせることでライフルモードに
完全変形します。銃身左側のグリップが可動。


P1020892.jpg P1020893.jpg
<GNビームピストルII >

ハンドガンキターー(°∀°)ーー!
MIAデュナメスには付属しなかったビームピストルの発展型。
バックパックにマウント可能、変形して接近戦用の武器にも
なるということで、発表当初はビームサーベルだとばかり
思っていましたが銃身下縁部に耐ビームコーティングが施され、
防御機能が追加されただけの模様。
改造する際はビーム刃を取り付け可能にする気マンマンです(笑)


P1020894.jpg P1020898.jpg P1020897.jpg
<GNシールドビット用台座>

機体各部のGNシールドビットを取り付け可能な台座。
HGより自由度は低めです。
GNシールドビットをひとつだけ飾るためのパーツもあり。
1つだけなのであまり使い勝手がよくありませんが…


P1020930.jpg

P1020900.jpg

P1020904.jpg

P1020906.jpg

P1020909.jpg

P1020912.jpg

P1020931_20110112100140.jpg

P1020915.jpg

P1020919.jpg

P1020920.jpg

P1020922.jpg
<アクション!>

不満箇所の3つを除けばおおむね良好な出来。
スナイパーで兄貴(弟だけど)機体でハンドガン持ちと
私の心を狙い撃つ、どストライクなMS。
個人的にはデュナメスの方が頭部のデザインに関しては
好きだったなぁ。
GNシールドビットという面白い兵器も持ち合わせていますし、
これから本編でどれくらい狙い撃ってくれるのかが楽しみ。
ぜひとも初代ロックオンの仇をとってもらいたいところです!


P1020924.jpg
「ケルディムガンダム、狙い撃つぜぇ!」

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gundamserow.blog90.fc2.com/tb.php/137-ead2fcba

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。