03 | 2017/04 | 05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食玩改造のススメ 【デルタプラスを可動化しよう!】② 


3月は飲み会ラッシュで肝臓も財布もボロボロのセローです。
もうやめて!セローのライフ(財布の中身)はゼロよ!・゚・(ノД`)・゚・



DSC02135.jpg

スタンダートを可動化させちゃおうというHow to記事第2回目!
今回は腰部の可動化にれっつちゃれんじ!!


DSC02125.jpg

まずは腰部の可動化するための基部となる関節パーツを用意します。
今回はジャンクとなっていたアサルトキングダムのガンダムMK-Ⅱを使用しました。
ジャンクになって転がっていたということもありますが、この子の脚付け根部分が丸型で
どんな機体にも合わせやすい形状をしているからというのも理由の一つです。
もうすでに販売が終了した機体を潰すのが惜しいというのであれば、
今発売中(もしくは今後発売予定)の機体でそういう汎用製の高そうな機体を改造の素体用として
集中的に買っておくのがいいと思います。
第4弾だと、リ・ガズィかグフカスあたりでしょうか?

アサルトキングダム発売前はこの部分の改造には市販の関節パーツを組み合わせたりしなければならず
非常にめんどくさい部分ではあったわけですが、これのおかげでだいぶ改造が楽になりました!(*´д`*)


DSC02126.jpg

用意した腰部パーツですが、そのままではもちろんマークⅡのままです。
なので、余分なところを画像のように思い切ってぶった切ります。
これで関節軸の基部が用意できました。


DSC02124.jpg

次に外装となるスタンダートデルタプラスの腰部を画像のように
フロント、サイド、リアアーマーというように分割します。
デルタプラスのフロントアーマーは腰部と繋がっている独特のデザインなので、
切り離す際は余計なところまで切断してしまわないように注意深くいきましよう!


DSC02128.jpg

次は胴体と腰部の基部をドッキングさせてみます。
この時、デルタプラスの胴体は製品のままの軸径だとマークⅡのものと合わないため、
軸穴を拡大してあげる必要がありました。
φ3.5mmで軸穴を拡大してみたもののそれでも入りません。この時にφ4mmだと接続部が
緩くなるなと思ったので、3.5mmのドリルを少し前後左右に揺らして軸穴を拡大しました
(たぶん3.7~3.8ぐらいになったのではないかと思います)。
PVC素材は弾力性があるので、少々きついぐらいでも問題ないです。

胴体がうまく接続できるようになったら今度はマークⅡのサイドアーマーを装着させます。
このサイドアーマーも股関節と同様に余計な部分をカットして基部の形を整えてあげます。
その後デルタプラスの外装内側を画像のようにきれいに切り取って接続できるようにします。
注意!
ここではまだサイドアーマーを基部に接着しません!
ここで接着してしまった後にフロントアーマーを取り付けてみて、
位置が違うとまた接着をやり直さなくてはならないため、ここでは装着できるように形を
整えるのみに留めておきましょう!

そう!例えるなら女性の口説き方に似ていますな!
ガツガツ前に出ていってばかりではだめなのです!
少しずつ相手との距離を測りながらフェイントも交えつつ…っ!
はっ!?俺は今何を?!


DSC02130.jpg

サイドアーマーの位置がOKなようなら、次はフロントアーマーに取り掛かります。
まずはばらしてあるデルタプラスの外装部分中央に、画像のように1mm真鍮線を
ハンドドリルで埋め込みます。
サイドアーマーの取り付け位置を調節しながらフロントアーマーの取り付け位置を決めて、
マークⅡの股関節パーツにも同様に1mmでドリドリしてあげましょう。
これは接着の補助と万が一瞬間接着剤が剥がれてしまった場合の措置です。
元の位置に戻そうにも、もしかしたらズレるかも知れません。
用心のため元の位置を把握できるように、自分は真鍮線を埋め込めるところには埋め込むようにしています。


DSC02131.jpg

ということで、フロントアーマーを取り付けました!
同じようにリアアーマーも工作すれば前後の腰部アーマーは取り付け完了です!


DSC02132.jpg

サイドアーマーの前後と同様に取り付け位置を調整し、真鍮線を埋め込みます。
さらに一応念のため、周りを瞬間接着剤で覆ってみました。


DSC02137.jpg

胴体と腰部を実際にドッキングさせてみたところ、あまり前後に触れないことが
判明しました。その場合は胴体側、腰部側の干渉部分をデザインナイフで削り取ってあげましょう。


DSC02135_201403062157406c1.jpg

DSC02136.jpg

ということで腰部の可動化完成です!
ね?簡単でしょ?
さぁ、あなたもれっつちゃれんじ!


DSC02140.jpg DSC02138.jpg

ちなみに可動域はこれぐらい。
前にはそれほど動きませんが、後ろにはけっこう動きます!

…ただ、完成してから気づいたんですが、サイドアーマーというか
フロントアーマーの分割位置間違ってますねorz
もうここまで来ちゃうと気付かないふりするしかないですな・゚・(ノД`)・゚・
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gundamserow.blog90.fc2.com/tb.php/1120-795f7d37

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。