06 | 2017/07 | 08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食玩改造のススメ 【デルタプラスを可動化しよう!】① 


ようやくイタリアの伊達男のガンプラを買えたセローです。
あぁ、だいぶ罪が高くなってきたなぁ…(汗)

改造おもちゃパーク園長さんがアサルトキングダム改造のHow to記事を掲載されています。
とても丁寧な解説ですので、興味はあったけどどう改造していいのか、と
お悩みの方の福音となること間違いなしです!

ということで(?)、自分も便乗してざっくりとではありますが、改造関連についての
How to記事を載っけてみたいと思います(;・∀・)b
皆さんの素敵な改造ライフのちょっとした参考にでもなれば幸いです。
べ、別にイフリート改が全然進んでないからってわけじゃないんだからねっ!!

園長さんが直球勝負でアサルトキングダムの改造についてでしたので、自分は

1、改造に必要な工具ってなに?
2、実際に食玩のFWスタンダートを可動化させてみよう!

の2つをご紹介したいと思います!
けっこう長い記事ですが、お付き合いくださいませ!





まずはその1の改造に必要な工具ってなに?について。
基本的には、ガンプラなどの模型製作で使う道具とほぼ同じです。


DSC02112.jpg

・ニッパー
・デザインナイフ
・彫刻刀
・ピンセット
・ノギス
・金属やすり
・カッターノコ
・ラジオペンチ
・マイナスドライバ

このあたりは模型制作でおなじみの面々ですね。

この中でも一番重要なのがデザインナイフですかね。
PVCを切り出す作業にはなくてはならないものなので、ニッパーはなくともなんとかなりますが、
これがないと作業が出来ません。

彫刻刀もPVCの切削にはかなり役立ちます。

画像にはありませんが、リューターもかなり便利です。
PVCの内部をゴリゴリと切削したい時なんかはかなり重宝します。
ただお値段はけっこうなものですから、買うとなるとけっこう勇気がいるかも(^^;)
なければないでなんとかなりますが、あるとかなり便利、そんな立ち位置です。

カッターノコは自分はかなり使用頻度が低いです。年に一、二度使うか使わないか。
なくても大丈夫だと思います。

ラジオペンチは主に真鍮線を使用する際の切断及びPVCに真鍮線を仕込むときに使います。
特に真鍮線を仕込むときは勢い余ると手に刺さりますから、安全に作業する上でも重宝します。

ノギスは100均のものなので、精度はあってないようなものです(^^;)
ただ、関節を仕込む際に何ミリ軸の穴を開けるか測るときにけっこう使います。
安いものでいいので、あるとかなり便利。

アサルトキングダムなどの食玩はサイズがけっこう小さいので、パーツを接着する際になど
ピンセットは活躍してくれます。

マイナスドライバもけっこう便利。
接着されたABSのパーツを分解するときに使っています。電ホに付属するパーツセパレータを
使っている時もありましたが、あっちは幅があって使いづらいので、マイナスドライバに落ち着きました。


DSC02113.jpg

ハンドドリル
こちらも必需品。PVCパーツに関節を仕込む際に使います。
径は画像にないのもありますが
1、1.5、2.0、2.2、2.5、2.8、3.0、3.5、4.0、4.2、4.5、4.8、5.0、6.5
を使用しています。
径はどれもまんべんなく使っているので、ここまで揃えておけば十分だと思います。
ちなみにほとんどが100均のハンドドリルですが、単純な穴あけ作業なので、まったく問題なしです。
自分はパッと見てドリルの径が分かるように、マスキングテープにドリルの径を書き込んで使用しています。


DSC02114.jpg

これも改造の必需品。
瞬間接着剤と硬化スプレーとつまようじです。
プラモ用の接着剤はPVC素材には使用できないので、瞬間接着剤が必要となります。
自分は黒い瞬間接着剤というものを愛用しています。
文字通りの色で、どこに塗ったか分かるというメリットもありますが、その他にも


DSC02115.jpg

このような特性があり、かなり使いやすいです。
お値段が1200円程度と高い!と思うかもしれませんが、容量がかなりあって1本で1~2年ほど持ちます。

つまようじはこの瞬間接着剤を使うときに併用。
黒い瞬間接着剤は粘度があり、ドロっとしているので、使用量を調節するためつまようじに接着剤を出し、
そこから接着したい素材にくっつけていきます。
また、この時に接着する素材の塗装はできるだけ剥がしておき、表面は400番程度のかみやすりなどで
磨いておくと接着がより強固になります。
特に塗装面で接着すると、接着されているのはあくまで塗装面で、素材同士ではありません。
作品を長持ちさせたい場合はきちんとやすりがけをしておく方がいいと思います。

硬化スプレーは文字通りのもので、塗布した瞬間接着剤に吹きかけることでその硬化時間を早めてくれます。
特に黒い瞬間接着剤は高粘度タイプで硬化までに時間がかかります。
なくても大丈夫ですが、作業時間を短縮させたいときにはあるとかなり便利です。
けっこう高いくせに容量が少なくて使っているとすぐなくなることと、ちょっと臭いがあるのがネックですが…


DSC02118.jpg

こちらは市販の関節パーツ。
色々な関節パーツが発売されていますが、自分は主に
・関節技のダブルボールジョイント
・Tジョイント
・球体ジョイント
・リボ玉
を愛用しています。
柔らかいポリ製のパーツは個人的にあまり好きじゃないので使っていません。


DSC02117.jpg

市販の関節パーツ以外のも、ジャンクとなったアサルトキングダムなども
関節パーツとして使用しています。
ロボット魂の前身でもあるMIAの関節も非常に優秀。
POM製のため塗装できないというデメリットがありますが、
それを補って余りある使いやすさと耐久性があるので、
ぜひ一度試していただきたいと思います。
自分はMIAが大好きでこの道に入ったくちですので、そこからMIAに興味を持ってもらえたなら、
なお嬉しいです(^^)
今だと中古屋で500~1000円ぐらいで手に入ると思うんですが、シリーズ末期に出た
エクシアは関節パーツ要員として非常に優秀でおすすめです(あくまで
関節パーツ要員として、ですが…)。


では、ここからは実際に手を動かしていってみましょう!


DSC02116.jpg

今回のHow toで実際に可動化してみるのは、FWスタンダートのデルタプラスさんです。
まず、改造の素材はできるだけ分解します。
デルタプラスの場合、特に下半身ががっちりと接着されていてそのままでは分解できません。
その場合は熱湯で暫く温めてあげましょう。
いい湯加減に身も心もほだされるからか、接着されたパーツも簡単に分解できるようになります。
熱湯からパーツを取り出す際はやけどにご注意!
ピンセットを使うなど、安全に留意して作業をしましょう。

この子、実は何年か前に一度可動化させてみた機体ではあるんです。


P1220646.jpg

こんな感じで。
自分にとってはこのサイズの可動化改造を始めた初期の作品でして、暫く経つとその可動域に
物足りなさを感じるようになってしまい、結局は…


P1280305.jpg

こうなっちゃいました(^^;)
なので、今回はHow to記事ではありますが、前回のリベンジも兼ねていたりします!

前置きが長くなりましたが、それでは手を動かしてみましょう!


DSC02119.jpg

まずは関節を仕込むために、ハンドドリルで胴体側に穴を開けます。
今回首には関節技ダブルボールジョイントの(小)を仕込みます。
ジョイントの軸径は3mmですが、3mmぴったりで開口すると可動部が緩くなる場合があります。
なのでドリルの径は2.8で開口しました。


DSC02120.jpg

首も同様にドリルで穴を拡大し、関節技ダブルボールジョイントを仕込んでみました。
その際、後頭部などの干渉部分をデザインナイフで削っておくと可動域が若干ですが拡大します。


DSC02121.jpg

作業が終わったら首と胴体をドッキング!!
これで首が可動化するようになりました!


DSC02122.jpg DSC02123.jpg

上下にもこれぐらい動きます。
ね、簡単でしょう?

今回は長くなったのでここまで!!(^^;)
それでは、次回以降も可動化を頑張っていきましょう!!
…まぁ…次がいつになるか分からんのですがね…(汗)
気長にお待ちください!
スポンサーサイト

コメント

Re:食玩改造のススメ 【デルタプラスを可動化しよう!】①

こんばんは。
いつも拝見させていただいています。
最近FWスタンダードなどの改造をしようと思っていた私には、分かりやすくとてもためになりました。
私はセローさんのように器用ではないので、作品を完成させられるかすら分かりませんが、セローさんのHow toを見て頑張ってみようと思います。
これからも頑張ってください♪

Re:食玩改造のススメ 【デルタプラスを可動化しよう!】①

いつかやり方をお聞きしたいと思っていたので、今回の記事は非常にうれしいです!!

Re:食玩改造のススメ 【デルタプラスを可動化しよう!】①

フロンタルさん、はじめまして!コメントありがとうございます。

>分かりやすくとてもためになりました。
そう言っていただけるだけでこちらも制作意欲が湧いてきます!
更新は鈍足ですが、今後ともぜひよろしくお願いいたします。

>私はセローさんのように器用ではない
いえいえ、自分はかんなり不器用な人間です(汗)
サイズに慣れてしまえばいける改造しか出来ませんorz
最初はちっさ!こんなん無理!!と思うかもしれませんが、
何事も慣れだと思います!
拙い記事な上に言葉足らずで伝わりにくいかと思いますが、ひとつの参考として
ご参照していただければ幸いです!


kariyaさん、はじめまして!コメントありがとうございます。

>いつかやり方をお聞きしたいと思っていた
自分もネットで色々と調べてみましたが、このサイズの改造をやっている方の
サイトやブログは数が限られてくる上に、超絶的な改造をしている方の場合、
説明も改造の内容も理解できるけどやっていることが理解できないということが
ありますorz
今回の記事もあくまで自己流の一つでして、その中から参考になる部分が
ひとつでもあれば幸いです。お互いまったりと楽しんでいきましょう!(^^)


コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gundamserow.blog90.fc2.com/tb.php/1119-75c6f437

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。