09 | 2017/10 | 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FW Standart 【ストライク】可動化計画③ 


メェエェリィィィィィクリッスマァァァァァス!!(≧Д≦)ゞ
この名台詞をなぜかペンギーゴのものと勘違いしていたセローです。

ヴァジュリーラだったっけか・・・間違ったまま覚えていました。
まぁ・・・十年以上前のことだし、しょうがないかぁ(^^;)


P1300746.jpg

テレテテー♪テレテテッテー♪
ということで、とりあえずソードストライク形態で両腕くっつけてみました~♪


P1300738.jpg

P1300740.jpg
<本体>

とりあえず腕にも関節仕込んでみたのでさっそく組み立ててみました。


P1300742.jpg P1300744.jpg P1300770.jpg

P1300773.jpg
<腕の可動化等>

腕と胴体はダブルボールジョイント(小)を使用。
当初は4mmリボ玉でつなぐ予定だったのですが、クリアランスを確保できなさそうなので、
変更になりました。
腕付け根部分は左腕のものを右腕にも使用。2個使うことになりますが、右腕をくり貫いて
という面倒な作業をするよりははるかにましかなと。
肩アーマーはMIA同様の接続方法です。

肘はTジョイント(小)をダブルにして接続。
そのままでは太いので、左右幅を詰めてあります。
開口の際、元々ある軸にドリドリすると横スイングもそのまま使えます。

手首はマグネットアクションのストライクから拝借し、対艦刀を持てるように
切れ込みを入れました。

背中のパックは着脱可能。
改造途中で切り刻んでありますが、エールストライカーも装備できます。
はようランチャーパックを手に入れんとPになれんですばい・・・


P1300741.jpg
<改造後     改造前>

やはりこうして比較してみると延長した胴体の分だけちょっとでかく感じますね。


P1300751.jpg
<対艦刀>

シュベルトゲベールはビーム刃発振状態を別途用意。
ビーム刃はMIAのジャンクより拝借し、下部に真鍮線を仕込んで対艦刀本体と接続。
ビーム刃は奇跡のようにぴったりの長さになってくれました。


P1300748.jpg

P1300755.jpg
もちのろんで両手持ち可能です。

P1300757.jpg

P1300760.jpg
ビームブーメランのビーム発振状態とシールドのアンカー射出は
させたいところですが・・・どうしよう・・・

P1300763.jpg

P1300772.jpg
ボロボロのエールストライカー装備!

P1300774.jpg
ビームサーベルがなかったので、つまようじを持たせてみました。
あれ、色塗ればこれでいいんじゃない?…(´・ω・`)

P1300764.jpg
<アクション!>

とりあえず製品版がソードだったのでソードにしてみました。
これから他のパック形態にもできるよう頑張っていきます!
しかし、やることいっぱいで本当に完成するのか不安になってきました~(汗)


P1300769.jpg

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gundamserow.blog90.fc2.com/tb.php/1026-e3c816fc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。